正義とルールと意外性

森あい
マンガ「うえきの法則」&「うえきの法則+」ヒロイン(?)


最近、少年漫画がツマラナイ。

いや、勿論ジャンプにて根強い人気を誇る「ONE PIECE」や「NARUTO」といった作品はあるし、他紙に目を向ければ私がスルー、もしくは知らないだけの面白い少年漫画があるかも知れない。まぁ、今となっては往年の「北斗の拳」やら「キン肉マン」、更には「ドラゴンボール」といった所謂ジャンプ全盛期を知る人間にとっては、例え、自分自身が気が付かぬうちに少年漫画のターゲットであろう世代をとっくに通り過ぎてしまっており、そもそも我々に向けては今の少年漫画が作られていない、ないし実の所自分の感性が歳をとった…今の若者の感性とは違う、という事が分かっていても、それでもやっぱり言いたくなってしまうのだ。

最近、少年漫画がツマラナイ。

と。
勿論、”記憶の美化”という奴で往年の少年漫画がそんなに素晴らしい作品ばかりだったのか?と言われればそうでもないのはれっきとした事実。「北斗の拳」や「ドラゴンボール」の様な、末期には「もう終わらせてあげなよ…」と作品内容とは別の観点から読んでいて悲しくなってしまう風になってしまった作品も多々あるし、「キン肉マン」や」車田漫画の様な強引極まりないご都合主義が目立つものもあった。ただ、作品内で繰り広げられる対決、勝負は常に真剣勝負であり、設定やらツジツマあわせに泥濘せず、少々のムチャをゴリ押ししてもそれを通せてしまうおおらかさがあった。しかし、昨今の作品の幾つかには自身で広げた風呂敷の畳み方ばかり気にしている割に、自身で蒔いた伏線を回収出来ない…いや、そもそも回収以前に伏線の張り方も知らないんじゃないか?と思わせられてしまう作品もあったりする位だ。なんと言うか…非常に抽象的で納得してもらえないのは重々承知の上で言ってしまうが、説得力が足りないのだ。

いや、何も設定に拘る事を否定する訳でもないし、昨今の少年漫画とカテゴリーされる作品の中にそういった面での成功例が無い訳でもない。その成功例として、今回「うえきの法則」という漫画を紹介しよう、というのが今回の主旨だったりもする。

「うえきの法則」というタイトル…ご存知の方も多いと思うが、少年サンデーに連載されていたマンガで、密かにアニメ化もされた作品だ。尤も、アニメ化されたのは原作の連載が終了してからという変り種であり、そういう意味では最初から高い評価を受けていた作品ではないのかも知れない。恥ずかしながら私自身、サンデー連載時はサンデー自体がナゼか縁遠いマンガ雑誌だった事もあり、完全スルー…というよりその存在を知らなかったのだ。

更に言えば、この「うえきの法則」は作者である福地氏が小学館に持ち込んだ読みきり作品が大元であり、その面白さが編集者の目に留まって長期連載になった、という経緯があるのだが、福地氏が本格的にマンガに取り組んだ最初の作品でもあり、絵柄も…正直粗く、ありがちな話ではあるがコミックス一巻と最終巻ではその絵の出来が歴然とした差となって出ていたりもする上、描く世界観がなんと言うか、ファンタジーっぽくもあるが…一言で言ってしまうとヘンなので、ビジュアル面からの印象は決して良いものではない。パッと見の印象は、「変なマンガ」というモノになってしまいそうな、そんなマンガなのだ。

そんな訳で私がこの「うえきの法則」という作品を知ったのも、たまたまとあるエピソードをアニメで見た事がキッカケだったりするのだが、先ずはこの「うえきの法則」というマンガの概要を説明しておこう。ちょっとややっこしいのだが、

天界で次の神の座を巡るゲームが開始された。神候補に選ばれた天界人は各々1人ずつ中学生を選び、固有の特殊能力を与える。その能力を使って他の神候補が選んだ中学生と戦い、勝ち残った中学生の担当神候補は神の座を、中学生は自分の好きな才能を書き込める「空白の才」を手にすることが出来る…神様によって神候補に選ばれた小林(コバセン)は、教師になりすまし人間界で暮らしていたが、今の人間界に正義がない事に絶望していた。そんな小林は自分の生徒である中学生、植木耕介の行動に正義を垣間見て、彼にゲームの事は伏せて「ゴミを木に変える能力」を与える。

というのが大まかなスジで、色々あって主人公の植木はこのゲームに勝ち残る事を目指す訳だが、このゲームにはかなり細かいルールが設定されている。

1.「才」
「ざい」と読む。人がそれぞれ持つ才能の事で、才を持っているとその事柄が得意に、また無くすとその事柄が極端に苦手になる。ただし、ある程度は才が無くとも努力次第ではカバー可能。当然バトルでは多く持っていた方が有利で、能力者同士のバトルで勝つと才が一つ増え、能力を持たない者を能力を使って傷つけると才を一つ失ない、全ての才を失うとその能力者は消滅してしまう。

2.「限定条件」
能力を使うために満たさなくてはならない条件。例えば「手の平で覆える大きさだけ」「ポケットに手を突っ込んでいる間だけ」「目を見開いている間だけ」といった具合。

3.「神器」
天界人の特殊能力。レベル毎に10つ…鉄(クロガネ)、威風堂堂(フード)、快刀乱麻(ランマ)、唯我独尊(マッシュ)、百鬼夜行(ピック)、電光石火(ライカ)、旅人(ガリバー)、波花(なみはな)、花鳥風月(セイクー)、魔王(まおう)、天界人の強さのレベル”星”を上げる事によって習得し、それぞれの神器に習得する為の鍵(集中力等)がある。通常は同時に複数の神器は出せない。

4.「レベル2」
能力者が経験を積む事により、更に別の能力が付加される。能力をレベル2にするにはレベル1の能力を完全に使いこなし、「強くなりたいと心から願う」事が条件。

ココ「偏愛録」の「ジョジョ」でも書いたのだが、物語に制約(ルール)を設け、それを徹底して話を作っていくと、パワーでゴリ押しという一手ではなく、そのルールを用いた変化球も楽しめる。この辺は作者の技量によりけりではあるのだが、この件に関しては「うえきの法則」は合格である。自身の敷いたルールに逸脱する事無く、オチにもちゃんとその”ルール”を用いて決着を付けてくれている。特に、「才」のルールに関して言えば、物語の比重がバトルメインになり、新たなルール(能力)である「神器」の登場で中盤ではあまり触れられなくなってしまった要素ではあるが、コレが意外な形でクライマックスに影響を与えるのも上手い作りだ。途中から追加された「神器」にしても、一見天界人だけの特権に見える(実際そうなのだが)のだが、物語…というかバトルのルールによりそれほど絶対的、圧倒的なモノとはならず、能力との組み合わせによりむしろバトルとしての奥行き…プラスアルファを持たせる事に成功している。

そして、やはり面白いのは相手の能力の使い方、読み合い、といった駆引きの面白さだろう。「うえきの法則」における能力には、「限定条件」が付きまとう。つまり、「相手の能力の正体」とその「限定条件」という二重の読み合いがバトルに生まれるのだ。例えば、「頭をダイヤにする能力」の限定条件が「ポケットに手を突っ込む」であるなら、先ずはポケットを破いて能力を封じる、といった具合に、能力の一歩先をバトルに求められる。能力の優劣ではなく、自分の能力をどう利用するか、相手の能力をどう攻略するかという工夫が重要になっているのだ。その最たる例が、上で私が「たまたまアニメで見た」というエピソード…ドグラマンションでの森あいとカバラの対決だ。

ドグラマンションというのは地獄のゲームセンターの様なもので、植木達仲間と宿敵ロベルト率いるロベルト十団の最終決戦の場となったアトラクションで、森あいとカバラはこの施設内の「コサックフィールド」で対決する。コサックフィールドは雪で覆われた森で、ココでは渡された帽子を被ってコサックダンスをしないと呼吸が出来なくなっている。帽子は各自10枚ずつ渡されるが、ダンスを中断した時点で被っていた帽子は消えてしまう上、相手の帽子を被ると爆発して気絶させられてしまう、という通常バトル以外のルールがまた発生している。更に面白いのが、このバトルの時点で森あいは能力を持っていない、という点なのだ。

勿論、カバラにしても「能力を使って能力者でない者を攻撃すると才を一つ失う」というルールがある為、森を能力で攻撃する事は出来ないが、彼はナイフ投げの名人で裏の世界では殺し屋としても名が通っている男。ただの女子中学生でしかない森とは体力的にも雲泥の差がある。勝負は目に見えているようだが、何と、森はこのバトル、引き分けに持ち込むのだ!!

バトルの内容に関してはネタバレになるので詳しく書かないが、このバトル、「うえきの法則」の「うえきの法則」らしさが如実に出たバトルと言えるだろう。このバトルの後、森もある能力を得る事になるのだが、能力を得てからも意外性のある「工夫」で彼女は意外な活躍してくれる。特に、キルノートン戦の活躍は必見だろう。正攻法な工夫のバトルを見せる主人公の植木や佐野といった面々よりも、頼りなげな女の子ながら実は度胸は一番据わってるんじゃないかと思わせる森、個人的意見ではあるが、このマンガでイチオシのキャラクターなのだ。(だから彼女がタイトルな訳で)

そんな訳で、少々突飛なきらいもあるにはあるが、昨今ありがちな

主人公ピンチ→主人公「今までは本気じゃねぇ」→いきなりパワーアップ→敵粉砕

という様な、工夫も何もないゴリ押しバトルとは違う、妙にクセのあるバトルは1度味わったらやめられなくなる面白さなのだ。
ちなみにこの森あい、続編「うえきの法則+」でも意外な展開を見せるので要注目。但し、無印「うえき」にハマッてしまった人には能力のルールが変わってしまう上、前作登場のキャラクターが殆ど出番がなかったり、と「+」はやや受け入れがたい部分もあるかも知れない。まぁ、絵の方は前作と比べてかなり上達しているので、よりカッコ良い植木、より可愛い森を見たい、という人にはオススメだ。無印「うえき」の冒頭の”ある伏線(?)”を、単行本最終巻巻末のオマケマンガで回収しているのも見所の一つだ。(笑)

さて、今までずらずらと「うえきの法則」について語ってきた訳だが、「うえき」の魅力はバトルだけに留まらない。魅力の根源は植木の見せる「正義」にもある。

植木の見せる正義…コレは、かなりカビ臭いものだ。「自分のことより他人のこと」で、危機に陥った相手を例え自らの才を失う事となっても、例えそれがさっきまで闘っていた敵であっても助けてしまう。「人間は弱いかもしれない、でも他人の為に自分の中の弱さに打ち勝って強くなれる」という言葉を実践し、努力を怠らず、仲間を大切にする…この、カビ臭い「正義」が、我々世代にはこれ以上無い程心地よく感じてしまうのだ。それは、彼の正義がケンシロウやキン肉マンといった往年の少年漫画ヒーローの正義と同一のものであるからではないだろうか。

そういった意味で、この「うえきの法則」、昨今の少年漫画はツマラン!!と嘆いている私と同世代の少年漫画ファンにこそオススメしたい。かつての正義が、ここにはある。


戻る