と、いうより「オリジナルジェネレーション」のお話。

キョウスケ・ナンブ
「スーパーロボット大戦オリジナルジェネレーション」主人公


ココ最近、電撃ホビーマガジンがボークスと組んでアクションフィギュアの受注生産をしたり、コトブキヤが極めてガンプラ的な組み方…勿論組み易さに関してはバンダイのガンプラの方に一日の長があるが、元々ガレージキット等を主としていたメーカーとしてはかなり間口を広げたキットをリリースしたり…その外、ユニファイブが「究極造形可動」などと言う大層な名前の超合金的フィギュアをリリースしたり…何気に「スパロボ」のオリジナルメカの立体化…それもプライズ景品やコレクションフィギュアではなく、もっと高額な商品展開が盛んになっている。その外、特にクスハやゼオラ、エクセレン辺りの人気ヒロインを中心に、キャラクターフィギュアもリリースされていたりしており、「第三次」辺りの頃の「スパロボ」に慣れ親しんだ者には些か驚かされる事もある。ある意味、「スパロボ」が原作持ち参戦作品の恩恵から離れた所でキャラクター商売を成り立たせた訳だ。

このオリジナル系キャラクター、ないしメカの台頭のキッカケとも言えるのが、今回話のネタとするゲームボーイアドバンスソフト「スーパーロボット大戦オリジナルジェネレーション(以下OG)」だろう。尤も、実は私自身は「OG」は「2」の方しかクリアまでプレイしていないので若干誤解等があるかも知れない事を先に明記しておく。それから、今回のネタが題目通り「キョウスケ」というキャラクターについて語っているモノだと思って読んでしまっている方には、前もって謝罪させて頂く。

さて、この「OG」の事の起こり、というのを考えていくと、やはり思い当たる事は「スパロボ」の抱える構造的弱点であろう。「スパロボ」というゲーム自体は古今東西のロボットアニメを無理やり競演させた…という、版権モノゲームを多数扱っていたバンプレストの何時もの仕事の域から出ないものであったのだが、「第二次」でそのシステム面やシナリオが徐々に評価され、「第三次」辺りで火が着いた、という流れだと思う。私も実のところ「第二次」は手を出さなかったのだが、「第三次」で結構ゲーム誌が攻略特集を組んでおり、それを見て面白そうだと思いやってみた、というのがキッカケだった。当時、「ガンダム」とそれに類するサンライズ系のリアルロボットしか知らなかった私にとって、ある種この世界に足を突っ込んでしまうキッカケを作った罪作りなゲームソフトとも言える訳だ。

私の思い出話は置いておき、そうなると今度は「スパロボ」の構造的弱点とは一体なんだ?という事になる訳だが、この弱点とは「スパロボ」にとっては両刃の剣…欠かせないモノでもあるが、実は致命的ともいえる弱点でもあるモノ…そう、版権モノゲーム…即ちキャラゲー、という部分である。いや、別に版権の取得に関しては、「α」シリーズで参戦は絶対無理と思われていた「超時空要塞マクロス」「勇者王ガオガイガー」「鋼鉄ジーグ」といった作品を参戦に漕ぎ着けた実績もあり、プロデューサーの寺田氏を始めとする企画者の熱意というモノは並々ならぬものがあるのだとは思う。ただココで考えておかねばならないのは、実はロボットアニメ自体が「限られた資源」であるという事だ。同じくキャラゲーの「Gジェネレーション」等とは違い、「スパロボ」は…一部で「スパロボ」は「ガンダム」だけにした方が面白い、等と勘違いしているボウヤ(失礼/笑)もいる事はいるが、「スパロボ」は売りが「夢の競演」であるからして、参戦作品を特定の作品だけに絞る事は出来ない。いや、実際問題として「ガンダム」「マジンガー」「ゲッター」辺りは参戦させるシリーズ、ベースとなる作品を変えたりはしているがそれでも概ねコンスタントに参戦を果たしているので、軸となっている版権作品がない訳ではない。特に「ガンダム」等は「スパロボ」の世界観のベースとなっている事も多い。

ただ、だからといって軸となる3巨頭だけで「スパロボ」が成立するか?といったら…やっぱりしない訳だ。そこはやはり「超電磁ロボコン・バトラーV」やら「勇者「ライディーン」といった準レギュラーや、まさかあの作品を!!とファンに思わせるサプライズ参戦が必要になってくる。「ガンダム」「マジンガー」「ゲッター」の3作品もそれぞれ単独でも幅の広い作品ではあるのだが、その3巨頭だけならば何時しか”夢の競演”が”夢”足りえなくなってしまう。実際、私も含め「第三次α」の「バーチャロン」の様な…キャラクターだけ貸しますよ、的な「いるだけ参戦」に否定的なファンがおり、ただ参戦させただけでは反発を受け易い。ただその一方、先にも述べたとおりロボットアニメ自体が「限られた資源」であり、昨今のアニメ界には私は詳しくは無いが、そうそう「スパロボ」に乗れるようなロボットアニメが多数放映されている訳でもない。「魔境伝説アクロバンチ」や「テッカマンブレード」辺りまで参戦している事を考えると、資源的には少なくともサプライズ参戦に関してはもう既にかなり厳しくなってきていると言わざるを得ないのではないだろうか。

そんな中で、ある意味突破口として考えられたのが「OG」という展開なのではないだろうか。言わば版権ネタに頼らずとも「スパロボ」を成立させられるか?という命題に対してのチャレンジである。「OG2」で言えば、ネタとして使われているのは「A」のシャドウミラー、「IMPACT」のアインスト、「第二次α」の各主人公、「第三次」のインスペクター、「α外伝」のマシンナリーチルドレンといったモノである訳だが、コレ…互いに矛盾を無くす為に関連性を持たせたり…例えば競演させるとゼンガーが2人いる事になってしまうダイゼンガーとスレードゲルミルに対し、スレードゲルミル側のゼンガーを異世界から来た一派が作り上げたゼンガーの人格を移植した人造人間とする、等している。コレは、今までそれぞれがムチャな設定を持つロボットアニメをそれなりに共通の世界に封じ込める事に成功している「スパロボ」のノウハウを生かした演出であろう。その外、「第三次」では万丈が演じて見せたインスペクター側のメキボスとの奇妙な信頼関係とでもいうのか…まぁ元ネタは「無敵鋼人ダイターン3」の「コロスは殺せない」をスパロボアレンジしたものな訳だが、それを「スパロボ」での万丈にかなり近い役回りを与えられているイルムにやらせたりといったネタも良かった。そういえば彼の乗機グルンガストはダイターン3と同じく爆撃機形態、戦車形態と3段変形するメカだったり、イルム自身も女性に対してキザで、年齢の割に飄々としたキャラクターなので万丈と近いものがある。しかもオリジナルと原作付きのキャラクターとの絡みではどうしても生じる違和感が、同じくオリジナルキャラクターであるイルムの起用で少なくなってもいる。

そういう意味で言えば、世間での評価等も踏まえ、この「OG」というバンプレストの挑戦は概ね成功と言えると思う。シナリオのムチャさ加減は本家「スパロボ」では当たり前(笑)、ファンなら必要以上に考えちゃダメな部分でもあるのでそうそう気になるほどでもないし、「スパロボ」において一番重要視されるであろう「燃える展開」というモノはちゃんとある。「2」に関して言えば、キョウスケ&エクセレン組、SRX組、アラド&ゼオラ組辺りがシナリオ的に優遇され過ぎな気もするが、その実一番主人公らしいのはラミアだったりしてその辺でまぁバランスは取れている。ただ、一つ「OG」にも一つ問題はある。それは、「OG」も本家「スパロボ」と同様”夢の競演”になってしまった点である。勿論、「OG」は各「スパロボ」で活躍したオリジナルキャラクターが本来あり得ない”競演”を果たす場だ、というのが売りにもなっているのだとは思う。ただ、その”競演”という部分が足枷になっている気もしなくはない。今まで携帯機版はともかく「第三次」から「スパロボ」に触れてきた私はそれなりに「OG2」の元ネタとかが分かった訳だが、今回のこの「OG」が「スパロボ」初体験です、という人にはとっつき難い部分はあるのではないだろうか。

もっとも本家「スパロボ」には興味が無くて「OG」のみ、という人もいて、版権ロボットアニメに思い入れが少なく、分からない版権ネタばかりならいっそ…と考える場合もあるだろう。若年層の中には、「スパロボ」でマジンガーとかのスーパー系は古臭くってダサイから嫌いだけど、「OG」はスーパー系もデザインが今風(早い話、ガンダムチック)だから好き、という人もいる訳だ。そういう意味では若年層に対するアピール…私は今まで誤解していたのだが、「スパロボ」の購買層は意外と20〜30代がメインで、10代には然程人気が無いらしい。そういった版権作品の元ネタを知らない世代には、むしろ全然分からない状態でも問題ないのかもしれない。ただ、使ってるネタに関しては…特にタスクが戦闘デモで言う「お前の背中を煤けさせてやるぜ!!」なんて…今の若い子、「哭きの竜」なんて知ってるのか?(笑)

で、「OG」を踏まえた上での提案として、「OG」も展開としては成功していると言えるだろうし、私個人の感想としても勿論良いと思うのだが、「OG」よりもうちょっと推し進めた形…「スパロボ」や「OG」と無関係のスパロボ的シミュレーションゲームを作ってみたらどうだろう、等と常々思ったりはしている。競演という形ではなく、それだけで固有の世界観を作る…言わば新たに「魔装機神」的なものを作ってみたら面白いんじゃないかな、と思うのだ。異世界ネタは「魔装機神」のラ・ギアスがあるので、別の銀河系とかの設定で、スパロボ的ノリの物語を軸にして、キャラクター、メカ全て独自の世界観で構築する、と。例えばバルマーを舞台にするとか、設定的な部分で「OG」ないし「スパロボ」とリンクさせ、更に…例えば「スパロボ」でも異邦人扱いされているギリアムかイングラム辺りをキーマンとして参戦させておいて、やがては「OG」参戦…最終的には本家「スパロボ」に…という、「魔装機神」とは逆のパターンの展開をやってみたら…結構面白くなりそうな気がしませんかね?まぁ、ゼンガーとかの人気キャラを主人公にした別の世界観でのメディアミックス風ななモノもアリかも知れないが、とかく「OG」でのオリジナル同士の”競演”も良いが、別のスタイル…”異聞録”や”外伝”とかのスタイルも面白いと思うのだが、どうだろう。

さて、最終的な私の「OG」評は概ね好意的、といった所であるのだが、キャラクターの使われ方に関しては若干異論がある。”夢の競演”といいつつ、キャラクターの使われ方に偏りがあるのだ。勿論、「魔装機神」の様な版権がビミョーとウワサされているモノに関しては…まぁ、ああいう半ば放置的参戦も仕方ない部分がある気はするが、「第四次」主人公はイルムとリンは片やパイロットとして、片や破乱財団の代表としての万丈というオイシイ役なのに対し、他の「第四次」主人公…アーウィン&パットといったキャラクターはある意味「無かった事」扱いになってしまっている。尤もイルム&リンに関しては「第四次」ではなく「α」からの参戦だ、と言われればぐうの音も出ないが、一方でカイやラトゥーニ、カチーナといった「OG」のオリジナルキャラクターがフィーチャーされる事はあるのに、一端の主人公であった彼等「第四次」主人公の扱いはちょっと悲しいと思う。特に、先に挙げたアーウィン&パットのコンビは私自身が「第四次」で使ってた主人公(名前は変えていた)なので、元祖グルンガスト&ヒュッケバインのシートが埋まってる、というなら009やゲシュペンストに乗せるとか方法はあった筈だし、数面のみのゲスト参戦でもいいから出して欲しかったなぁ、と。この辺の扱いの違いも、本家「スパロボ」から引き継いでしまっている気はする。

あ〜、しかしホントにキョウスケに関して触れていないなぁ。と、いう事で最後に余談として聞いて欲しいのだが、流石に「OG」においてのキョウスケ&エクセレン組は優遇され過ぎな気はする。「1」でもリュウセイと共に主人公扱いだったし、「2」ではラミアという真主人公がいたものの、かなり重要な役回りを与えられている。片やリュウセイはバルマーが絡まなかった事もあり「2」ではかなりおとなしかった事、そしてOVA版「OG」でも主役格な事を考えると、幾らなんでも…という気はする。確かに搭乗機アルトアイゼンともども人気が高いのは分かるのだが、先にも述べたアーウィン&パットの様な不遇な措置を取られているキャラクターがいる事を考えると、幾らなんでも…と思う。そういえば、「α」主人公の4組でも、ユウキ&カーラは他のコンビと違って「1」では出番無しだった事を考えると、ニヒル系の主人公キャラクターは制作陣に嫌われているんだろうか…。もっともユウキ&カーラは「2」でかなりオイシイ役を与えられていたが。

とかく、「OG3」があるのだとすれば、もうキョウスケ主人公は止めた方がいいかな?と思う。ただだからといってリュウセイを主役に返り咲かされてもSRXが…飽くまで個人的観点ではあるが、「デザインがダサい…というかワケが分からない」「狙ってやってるのは分かるが技名が痛い」「合体の制約(3機分の出撃枠)がツラい」という三重苦で使わないユニットになっているので…。まぁ、次はアルタードで出るのかもしれないが。


戻る