燃えるか?それとも萌えるか?

マシンロボ・クロノスの大逆襲

1986年 全47話 葦プロ テレビ東京系放送
声の出演:井上和彦、水谷優子、大滝進矢、橋本晃一、桜井敏治、他

簡単解説
マシン生命体達が平和に暮らすクロノス星。そこに宇宙を荒らし回るギャンドラーが究極のエネルギー「ハイリビード」を求めて侵略を開始する。クロノス族族長キライは、息子であるロムに「剣狼」と呼ばれる剣を託し戦いの中命を落とす。ロムは妹レイナや頼もしい仲間と共に、戦いの旅に出る。
「貴様達に名乗る名前はない!!」


葦プロが「宇宙戦士バルディオス」「戦国魔神ゴーショーグン」「特装機兵ドルバック」「超獣機神ダンクーガ」に続いて製作したのが本作「マシンロボ・クロノスの大逆襲」である。本作は当時人気を博していた「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」と同様に機械生命体という設定を持っており、生身の人間は1人も登場しない。

また、クロノス星に住む機械生命体は人間型のクロノス族、飛行機やヘリコプターに変形するジェット族、自動車や戦車に変形するバトル族、岩石に変形するロック族等、その姿形により色々と区分が成されているのが特徴である。

とは言ってもやはりトランスフォーマーライクな部分が色濃く、玩具先行型の作品で対象年齢も幼児から小学生の低年齢層であった。そして内容の方も勧善懲悪という昔ながらのスタイルを取り、子供向け番組としてのスタンスを貫いているのだ。

しかし、「機動戦士ガンダム」の登場以降、テーマ性やリアリティを重視する高年齢層は当然見向きもしないであろうと思われた「マシンロボ」であったのだが、いざ蓋を開けて見ると本作は「ガンダム」を筆頭とするいわゆる「リアルロボット」とは違う観点で高年齢層のアニメファンのハートをキャッチしてしまうのだ。

その一番の理由は本作が「作画アニメ」であった事であろう。本作には当時の若手クリエイターが多数参加しており、彼等は時として主役ロボ「バイカンフー」の設定を崩してまでアクションを追及させたり、ロムに実際にはどうやって蹴っているのか分からないようなトリッキーな動きをさせたり…更に言えば作画を担当していた人によりキャラクターの顔まで毎回全然違う。

一見これでは物語が破綻してしまいそうなのだが、本作が物語の作り自体がかなりシンプルであった為、こういったスタッフの遊び心や野心といったものが逆に効果的に働いたのだろう。つまりは子供向けの単純明解なストーリーが、作品に「作画アニメ」という別ベクトルの魅力を構築することを可能にしたのだ。当然「作画アニメ」という流れは、バイカンフーのパイルフォーメーション等といったロボットアニメ最大の見せ場でも気合の入った作画にも繋がり、ロボットアニメとしてもしっかりプラスに働いているのだ。

そんな作画陣の暴走の中で、物語の基本設定や後に物語自体まで変えてしまったものがある。それが主人公の妹にしてヒロインのレイナの「生える髪の毛」である。
第1話のオープニング、そして本編ではレイナに髪の毛は生えていない。あおりからのアングルでは、ヘルメットの影で隠していた。つまり第1話のレイナにはヒロインであるにも関わらず、女性としての性の匂いはなく、正に「マシンロボ」であったのである。

しかしその印象は第1話のエンディングで早くも180°覆される。何と、エンディングのレイナは自らヘルメットを取り、隠されていた栗色の髪の毛をあらわにするのだ!!これは、本作のキャラクターデザインを務めたはばらのぶよし氏のアイデアを取り入れたものなのだが、これは氏の作戦勝ちであろう。以降レイナは作画担当者がそれぞれのレイナを描き、作画陣の中で対抗意識が芽生え、良い意味でスタッフが暴走するのだ。

そして最終回でもロボットである筈のロムとレイナが裸体を披露して次元の彼方に旅立つというもので、この頃ではロムやレイナは完全に「プロテクターを装着した人間」のように描かれている。

ちなみにその「生身の主人公がプロテクターを装着している」というイメージがそうさせるのか、本作を「宇宙刑事」シリーズのような特撮作品に近いモノとして捕らえる人も多く、はばら氏もアニメ誌「アニメディア」用の最終回記念に、「もし登場キャラクターが特撮のように着ぐるみをつけているとしたら、どんな人が中に入っているだろう」というコンセプトで、キャラクターの中に入っていたアクターが記念撮影をしているという設定でイラストを描いていたりする。この絵で描かれた中身キャラクターは、本編終了後に制作されたOVA「レイナ 剣狼伝説」のモデルにもなっているらしい。

特撮作品っぽいと言えば、本作の後期主題歌「勝利のマシンロボ」は渡辺宙明氏が作曲、歌を子門真人氏が歌っているのも見逃せないポイントか。

さて肝心のレイナの髪についてだが、私は髪を見せたのは正解だったと思う。当初この作品は女性キャラクターを出さない方針が決まっていたのだが、はばら氏がそれに反発してレイナを描いたのだという。
しかし蓋を開ければ本作の人気を引っ張っていたのは本来は登場させない筈だったレイナや、ゲストとして登場する美少女キャラクターであった。やはりファンとしては生身の体を持つ人間の方が感情移入が容易であるのだ。

そして「マシンロボ」が同じ機械生命体を描いた「トランスフォーマー」とは異なり、集団同士の抗争ではなく1人のヒーローを描いている作品である。「トランスフォーマー」はスポーツ観戦のように戦いを楽しむ事が出来る作品なのだが、「マシンロボ」ではそれは出来ないのだ。やはりヒーローやヒロインを血と肉を持つ者として描いた方が、視聴者は感情移入し易いのだろう。

そういった要素もあってか、本作のヒロイン・レイナは非常に人気の高いキャラクターとなり、アニメファンの中には彼女を「理想の妹」とする人も多く、彼女メインのOVA「レイナ 剣狼伝説」等といった作品も制作されている。

更に、毎回登場するゲスト美少女キャラクターとロムが仲良くしている姿に彼女がヤキモチを妬くシーンもあり、ロムとレイナの仲を「禁じられた恋」として捕らえるファンも多かったようで、アニメ誌や同人関係で結構ネタにされていたようだ。ま、確かに「ロム兄さん!!」「レイナ!!」という劇中に何回も聞くことになる掛け合いは絶妙であったが、それじゃあ「くりいむレモン」だ。(笑)

ちなみにレイナ役の水谷優子氏は本作がヒロインとしてのデビュー作である。当時彼女は「アクション声優」として勇名を馳せており、「もう、ジムったら!!」とレイナがジムを肘打ちするシーンで実際にジム役の桜井敏治氏に肘打ちを食らわせてしまったり、悲鳴を上げるシーンではミキサー室のガラスが震えた等という様々な逸話が残っているらしい。

その他でもデビルサターンNo.1役の小野健一氏が勝手に関西弁で役を演じ、やたらデビルサターンのキャラが立ってしまったり、ジェット役の大滝進矢氏もジェットが変形する際「ジェェェェェット!!」という叫びをアドリブで入れたり等、作画陣だけでなく声優陣にもおおらかな作風を感じさせるエピソードが残っている。この辺が後のアメコミアニメのアテレコで声優陣が勝手にアドリブを入れまくるという流れが生まれたのかも知れない。

その他にもいつもの口上を決めた後、ギャンドラーが「何者だ!!」と聞いた時、ロムが「貴様達に名乗る名前はない!!」と言う前に、自分の名前を名乗ってしまったドリルがロムとジェットにフクロ叩きにあったり、ロムの真似をしてジムやレイナが「人それを○○という」をやったり、更にはジェット族の仲間がブルー・ジェットの真似をして「ジェェェェェット!!」と叫んで飛び立ったりと、とにかく遊びのネタは枚挙にいとまが無い。こういった遊び心には大賛成である。

ともあれ、本作「マシンロボ・クロノスの大逆襲」はスタッフ達の暴走が良い方向へ向いたアニメの代表例であると思う。それが正しい事かどうかは私には分からない。しかし本作を見てプロに憧れてアニメやマンガの業界に飛び込んだ人も多いという。「飛影」の項でも触れたのだが、最近のアニメやマンガの作風は自らの我を捨ててまで平均点に収める手法が主流になっている気がする。しかし、有り余るパワーを逆に暴走させたのが本作の魅力であり、スタッフが自分達から楽しんでアニメを作っているのが良く分かる作品である。

アニメの制作という仕事はクリエイティブな仕事である。それなのに、小難しい屁理屈で自らの「作る喜び」すら見失っている作品が魅力的になる筈がない。自ら楽しんでやっている作品の方がやっぱり見ている方も楽しいのではないだろうか?
80年代を象徴する「らしい」アニメとして、そして平均点ばかり狙う昨今のアニメに対するアンチテーゼとして、記憶に留めたい作品である。

最後になるが、本作にはジェット族の戦士の1人として「Zガンダム」が出演している。「コアなガンダムファン」を自称している人は絶対にチェック入れて、ウンチクをたれなくちゃダメですよ?(イヤミです)


戻る