戦争教材としても使えるかも?

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

1989年 全6話OVA サンライズ
声の出演:浪川大輔、辻谷耕史、林原めぐみ、秋元洋介、島田敏、他

簡単解説
宇宙世紀0079末、サイド6に住む小学生「アルフレッド・イズルハ」はコロニー内での連邦軍とジオン軍の戦闘を目撃、好奇心から被弾し、不時着したモビルスーツを追って森林公園に向かう。公園にて、初めて見るモビルスーツに色めきたつアル少年は、自分に銃口を向けるジオンのパイロット・バーニィと出会う。


この項を読んで下さっている方には常識かもしれないが、一応説明をしておくと、この「機動戦士ガンダム0080」はガンダムシリーズ初のオリジナルビデオアニメとして制作された作品である。当時「機動戦士ガンダム」から始り「逆襲のシャア」まで展開されていたガンダムシリーズは、模型誌「モデルグラフィックス」が展開した「ガンダムセンチネル」やその他マンガ等で描かれたストーリー以外…つまり映像作品では基本的に原作者であり監督でもある富野由悠季氏の主導(スポンサーやサンライズの商業的観点は別に)の元に作られているのだが、本作「0080」において、遂に富野氏の原作、監督から外れた形で制作されている。

もっとも、その舞台は一年戦争…つまりはファーストガンダムの世界の外伝という形であり、メインの物語の影に隠れたエピソードに絞って描く、というスタイルをとっており、物語の上での歴史…所謂「宇宙世紀」という流れを崩さぬ様配慮がなされている。。しかし本作こそが、平成に入ってから制作された「G」「W」「X」のいわゆるアナザーガンダムのようなナンデモアリな展開の開祖…とは言わないが、結果論ではあるがキッカケにはなってしまった作品と言えるだろう。本作の作られた当時は、本作「0080」が明確に今までと違うスタイルで制作された「ガンダム」であった割に、ファンには好意的に受けとめられていたように思う。

個人的には、「ガンダムセンチネル」以降から作為的に行われる様になった「正史」という分別がファンの中にまでで徹底される前の作品だった事が、ファンがあまり否定的にならなかった原因の一つではないかと推測しているのだが、本作から続くテレビシリーズを補完する形で制作されたOVAにおいて「正史」「非正史」の区分はよりファンの中で先鋭化されてしまい、行き場を無くしたガンダムの世界は、「G」以降はいよいよもって、大前提であった筈の「宇宙世紀」まで切り捨ててしまう。そして今となっては、ガンダムファンと言えばネット等において政治屋の如く派閥を形成して不毛な論争をやらかす連中の代名詞となってしまった感すらある。この流れ、「0080」の描いた物語とテーマを支持する者にとっては、少々皮肉な結果になってしまっている様な気もする。

さて、今回は何時もの逆パターンで批評をするが、この「0080」というは、ロボットアニメ的なオイシイ部分を度外視して作られているような印象を受ける。特に、ロボット同士が対決する際のケレン味といったものは本作では全く感じることは出来ないだろう。せっかく出渕裕氏がスタイリッシュにリファインしたモビルスーツも、ただキレイに作画されているだけでちっとも動かないのだ。どのモビルスーツものそのそと動き回るだけ…これでは「機動戦士」の看板に偽りありとJAROに訴えられても文句は言えないのではないだろうか?主役格でもあるアレックスやケンプファ、ザク改、序盤でのハイゴックはともかく、ゲルググJやジムスナイパー2に至っては、見せ場なんぞ与えられず、作品を見ていても何処で出てきたのか覚えている人の方が少ない位だろう。折角カッコ良くリファインされた機体も動かして貰えなかったのが残念だ。

その最たるものが「アレックスvsケンプファ」である。ザコ相手には大暴れしたケンプファであるが、肝心要のアレックスとの戦闘シーンは非常に御粗末なものだった。「チェーンマイン」なる吸着地雷をアレックスに投げつけるが、当のアレックスはその吸着地雷に非常に有効な増加装甲「チョバムアーマー」を装備している等、なんともご都合主義な感じは否めないし、「新型」であり「サイクロプス隊の切り札」である筈なのに、腕部のガトリング砲を食らっただけで何の魅せ場も作らずに敗れ去っていく…あまりに不本意な扱いではないか?

更に、舞台がコロニーという特殊な環境であるにも関わらず、それに対しての効果的な演出がなされていないのも残念な点だ。人が宇宙空間で生活する拠点であるスペースコロニー、そこで行われる戦闘がどれほどの被害を与えるかという部分が非常に弱いのだ。せっかくのアニメーションなのに、殆どセリフだけで「隔壁に穴が空きました」なんて説明されるだけでは面白くない。そういった描写力という点では、「機動戦士ガンダム」第1話「ガンダム大地に立つ」の方が全然迫力のある映像を見せている。技術が発達した後の作品なのに、原点の作品に映像力で負けるというのはやはり不本意なのではないだろうか?

しかし、数多くリリースされているガンダムシリーズの中でも私は本作をかなり強く推している。それは、ファーストガンダムが後半「ニュータイプ論」等というどうでもいいような論点にすり替え、真っ向から描くことを止めてしまった「戦争の現実」というモノを真剣に描いているからである。

以前チラッと見た番組の企画…タイトルすら覚えていないような番組なのだが、その番組の企画にて、「アジアを旅して回ってアジアの歌を作ろう」というような主旨のものがあった。いわゆる「猿岩石」なんかの旅モノの企画の一端なのであろうが、その企画の主役である若者達が中国の南京を訪れ、野外で歌を歌っていると地元の老人が彼等に近づき、「もっとここでお前たち日本人がやった事を勉強しろ」と言って南京大虐殺に関する資料館に連れて行ったというような事がやっていた。もっとも、この手の番組らしい「やらせ」なのかも知れないし、何より私の記憶も確かではないので番組の内容自体はうろ覚えなのだが、妙に印象に残った。

昔、戦後世代とその親の世代の対立を歌った「戦争を知らない子供達」というフォークソングがあった。この世代の親達は、自分の体験した戦争を軽軽しく若造に語って欲しくなかったのだろう。その為かこの曲が流行していた時期多数作られた反戦フォークの多くは、そういった戦争を知る大人達の失笑をかっていた。その為、戦争を語るのはもはや当時を生きた生き証人のみとなってしまい、我々の世代は最早そんな論争があった事すら知らない「『戦争を知らない子供達』すら知らない孫達」になってしまった。

しかし、戦争を知る者だけが戦争について語ることを許されるというのは間違っている。ビーム銃片手にヒーローが敵をやっつけるような空想世界の戦争しか知らない我々、戦争というものを何処か他人事のようにしか捉えることが出来ない我々、そんな我々にも、「戦争」について真剣に考える権利はある。いや、真剣に考え、語り合わねばならないのだ。

そんな気持ちを代弁してくれるのが主人公であるアル少年だ。彼が夢見て憧れた、カッコイイモビルスーツが華麗に戦うヒロイズムを持つ戦争も本当の戦争、その一方で、彼の唯一無二の友達で兄貴分のを奪った残酷な戦争も、同じく本当の戦争なのである。これはある意味、「ガンダム」を含むロボットアニメの戦闘シーンを胸躍らせて楽しんでしまう我々視聴者…湾岸戦争の報道で、米軍の精密爆撃の映像とかを見て「カッコいい!!」と少なからず感じてしまった私達への投げかけ、問題提起でもあるのだろう。だからこそ尚更、彼のビデオディスクに残された「誰も恨むんじゃないぞ」というバーニィの遺言、そして、校長先生のつまらない話の中、只1人涙を流すアル少年…このシーンは、何度見ても胸を締め付けられるような切ない気持ちにさせられるのだろう。

本作は「王立宇宙軍 オネアミスの翼」で監督を務めた山賀博之氏が脚本を手掛けているせいか、サブタイトルは「戦場までは何マイル?」「嘘だと言ってよバーニィ」といった、センチメンタリズムに訴えてくるものになっている。そして主役3人、アル少年、バーニィ、クリス…彼等の性格設定は面白みは皆無で、その行動も分かり易過ぎて意外性のカケラも見当たらない。しかし、だからこそ彼等が言葉足らずながらも切々と訴えかけて来るメッセージは純粋に心に染み入って来るのだ。

もっとも、そんなセンチメンタリズムを毛嫌いする傾向にあるファンも存在するのは事実で、現に上記した「オネアミスの翼」は一部のファンから絶賛されたものの、ある一方では「良い子ちゃんぶっている」「鼻につく」的な酷評をされていたらしい。しかしこの辺りは個人の趣味の傾向による違いであろう。

そして私が一番「0080」を高く評価する理由は、前記したように逃げずに真っ向勝負をしている部分にある。その真っ向勝負の相手は、ファーストガンダムの後半から自らの作品にテコ入れを行ってまでも富野氏が構築した「ニュータイプ論」といった要素である。

ファーストガンダムの中盤までを見てもらえれば分かると思うのだが、明かに「機動戦士ガンダム」はジャブロー戦の前後で大きく作風が異なっている。今までは「アムロが一番ガンダムを上手く使える理由」という程度の存在だった「ニュータイプ」という言葉が急に表に出てくる。この部分は当時も盛んに論争が繰り広げられた事なのだが、このテコ入れのせいでなんとも言えない違和感を感じる部分があるのは確かな事実だ。
ファーストガンダムの序盤で描かれたのは、紛れもない戦争の現実であった。運がなければ良い人も悪い奴も関係なく死んでいく…そんな中で、当初は自分勝手でワガママな部分のあったアムロが徐々に成長していく。その過程こそが視聴者へのメッセージであった筈なのだ。

ここで勘違いしてはいけないのは、さも後半ニュータイプとして覚醒したが故に成長したかに見えるアムロではあるが、決してニュータイプだから成長した訳ではない。戦争という現実を体感し、多くの人々と出会い、別れた事こそが、内向的で自分勝手な面のあったアムロを成長させたのである。別にララアに出会ったからどうこうと言う問題ではないのだ。

不幸な事に、監督の「ニュータイプ」というテコ入れによってこの部分はあまり表からは見えにくくなってしまい、あんまり評価されていない気がする。ファーストガンダム…いや、続く宇宙世紀ガンダム全ての作品において「ニュータイプ論」なんてあモノは、私にはる意味「逃げ」としか感じられないのだ。

しかし、初めて富野氏の手から離れたガンダムである「0080」はこの部分に関しては一歩も退いていない。ファーストガンダムで暗に逃げ出した「戦争の現実」について真っ向から描いているのだ。そのテーマに対してつまらない余所見や無責任な逃げをしなかった部分に、スタッフ達の意地を感じるのだ。そういう意味で言えば、「ガンダム」という名を冠する作品群の中で「戦争映画」と名乗って良い数少ない作品の一つだと思う。「ガンダム」における映像作品の中で最も「軍隊」という部分を前面に打ち出している「0083」や、ミリタリーテイストを映像に盛り込んだ「08小隊」といった作品よりも、遥かに「0080」の描いた戦争は重く映るのだ。

確かに「0080」練り込みが足りない部分はある。グイグイと視聴者を引き込むパワーなんてない。しかし、昨今の新作アニメの多くが繰り返す「余所見」や「逃げ」をせずにねただひたすらに自分達の描きたかったテーマについて真っ向から作品に挑んでいる。だからこそ、ありふれた展開、ありふれたセリフでありながらも一言一言が素直に心に届くのである。

最初に述べた通り、本作「0080」にはロボットアニメとしての面白みは少ない。しかし、それを補って余りある程のメッセージ性がある。「ニュータイプ論」だとか、「モビルスーツ進化論」だとか、「ジオン、連邦の戦術比較」だとか…そんなものよりももっと大切なものが、本作では真っ向勝負で描かれているのだ。その外伝としての物語の存在や、主人公が戦争とは無縁だった小学生だったりと、非常にシリーズでも変化球的に捉えられる「0080」ではあるが、実はどの少なくとも宇宙世紀のシリーズの中では一番自らの据えたテーマに対して直球勝負な作品なのだ。

いや、繰り返しになるが、ロボットアニメとしての「0080」の出来は完全な落第点である。ロボットアクション…カッコいいメカがカッコ良くビームを撃ち合ったり、剣で斬り結んだり…というのがお好みな人にはとてもでないがおススメ出来ない。ただ、物語として「ガンダム」に「戦争」を持ち込み、ある意味視聴しているファンすらへも問題を投げかける本作は、間違いなく「真っ向勝負」していた作品だと断言できる。ロボットアニメにおいては…いや「ガンダム」においても貴重な作品であるし、これ程の真っ向勝負な「ガンダム」は、他に私は「Gガンダム」位しか思い浮かばない。この、逃げ無かった姿勢は映像作品、娯楽作品としては落第生だったとしても、きちんと評価したい。

きっと「0080」を視聴したアナタは、ラストでの校長先生のつまらない話に際して、アルの様に涙を流してこそいなくとも、少なくとも彼の友人の様に「戦争はまたすぐに始まる」などとは言いたくなくなっている筈なのだから。

ちなみに、サイクロプス隊の隊長シュタイナーは、第2次大戦下、イギリスのチャーチル首相を誘拐せよという密命を帯びたドイツ軍特務部隊を主人公にしたジャック・ヒギンズの小説「鷲は舞い降りた」という作品の主人公(名前もシュタイナー)がモデルとなっているらしい。

更についでであるが、「ガンダム」作品の常で、本作も本作で構成を務めた結城氏によりノベライズされたモノが角川スニーカー文庫より発売されているが、アニメ版では「ミンチよりヒデェ」と言われてしまったバーニィの生存を匂わす描写が付け加えられている。確かに、作者の気持ちは非常によく分かるのだが…物語としては…「0080」という作品においては、コレはやっちゃダメな部類の改編であると思うぞ、と。


戻る