どこまでいくかマンガ1000選

「900選」の続きです。はるばるきたぜココまで。

「100選」に戻る
「200選」に戻る

「300選」に戻る
「400選」に戻る
「500選」に戻る
「600選」に戻る
「700選」に戻る
「800選」に戻る
「900戦」に戻る


1000.「ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー」 作者多数 …いつもの源文度 85%
タイトル通り、「ガルパン」のアンソロジー。「ガルパン」関連漫画を担当した3人に加え、アニメ版にも関わった野上氏、「どくそせん」のEXCEL氏、密かに「ガルパン」の同人誌を描いていたらしい秋☆枝氏、「となりの関くん」が今話題の森繁氏…トドメにミリタリー漫画の大御所、小林源文氏といった豪華メンバーになっています。個人的にオススメなのはEXCEL氏の「整備道」でしょうか。
エルヴィン(ウサギ):カチューシャ今日は楽しいゲームだった


999.「ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!」 弐尉マルコ …ダージリンさんのキャラ崩壊…って元々素養はある様な、度 90%
アニメ「ガールズ&パンツァー」のスピンオフ作品ですが、コチラは戦車が殆ど登場しない、キャラクター中心の4コマコメディです。ちなみに作者は「ガルパン」の放送中に4コマ漫画をピクシブで描いていて、そこからコミックアライブの担当の目にとまりオファーが…という、一介のファンがその作品が縁で漫画家デビューという面白い経緯があったりします。そういう訳で「ガルパン」ファンには連載前から知られた存在で初版も一気に捌けてしまったそうで。ピクシブ版よりはセーブしていますが、キャラクターの崩し方が上手く面白い作品になっています。
ニーナ:ひっぐうぇっぐおっどうおっがぁごめんなずぇえ…ニーナはどりがえしのつがねぇことしぢまっだぁ…


998.「ブラック・ブレッド」 作:もりのほん 画:神埼紫電 キャラクターデザイン:鵜飼沙樹 …割と真面目度 75%
“黒いパン”ではなく”黒い弾丸”です。ウイルス性寄生生物「ガストレア」により人類が敗北した近未来を舞台に、対ガストレアのスペシャリスト「民警」の里見連太郎とその相棒でイニシエーターの幼女・藍原延珠の活躍を描いたアクション作品。近々アニメ化もされる人気ライトノベルのコミカライズです。イニシエーターがガストレアの因子を持っている為、「呪われた子供たち」と呼ばれ差別されていたり、連太郎の過去に秘密が隠されていたり、敵である蛭子の恰好が怪盗レトルト風だったりするのが特徴です。
延珠:妾は人間だ!


997.「ジャッジメント・オーバーマン 放課後の結社」 作:東出祐一郎 画:九二枝 キャラクター原案:中央東口 …ラノベっぽさ 90%
軍事学園都市である新東京西竜位市は、陸軍と空軍が対立し、結社が跳梁跋扈する街。西竜位市の高校生・本郷榮二はとある秘密実験に巻き込まれ、付喪神の少女・烈風を保護する。彼女を身に宿し力を得た榮二は秘密結社「七罪法典」を結成し、西竜位市に巣食う結社の統一を目指す…という内容や、少女が武器に変身して少年が戦う、といった設定があからさまにラノベっぽい作風ですが、オリジナルの様です。異能力バトルアクションモノで、ややキャラクター配置がステレオタイプ気味なのが残念かも。
コンスタンツェ:は、初めてですから…優しくしますわよ…?


996.「九泉の島」 東田祐介 …おっぱい度 88%
母を亡くした中学生・立花勇磨は祖母から鵺哭家の次期頭首として指名され、十年ぶりに母の故郷・三頭島を訪れる。そこで彼が見るのは、鵺哭家が守り継いできた異様な儀式、風習であった…という、横溝作品的なサスペンスで、鵺哭家を探る胡散臭い記者や物語の核でもあろうほぼ全裸で牛の仮面を被った謎の女などミステリアスな要素もあるものの、それ以上におっぱいとかが目立ってしまっている作品です。
勇磨:ここは敵地だ逃げ場は無い


995.「ULTRAMAN」 清水栄一、下口智裕 …リスペクト度 82%
「鉄のラインバレル」のコンビが送る新世代の「ウルトラマン」…といっても、テレビシリーズ1作目、ハヤタが主人公の「ウルトラマン」のその後を、ハヤタの息子・進次郎を主軸に独自展開で描いています。特筆すべきは本作の主人公であるウルトラマン=進次郎は巨大化はせず、パワードスーツ的なものを纏って戦うスタイルになっている点。このスーツのデザインと設定が原因で、読者からは「ウルトラ”アイアンマン”」と評されていたり。中身は原作リスペクトを感じさせつつ独自展開を上手く纏めていますが、何処となく「ラインバレル」っぽい描写も散見します。
井出:…化学特捜隊日本支部はいまだ健在なんだよ


994.「甘々と稲妻」 雨隠ギド …ハートフル度 97%
妻を亡くした高校教師・犬塚は男手一つで愛娘・つむぎを育てているが、どうしても料理が上手く作れない。そんな時、教え子の女子高生・小鳥が料理を教えると言い出すが、実は小鳥も料理が出来ない人で…という、料理、というより食卓を題材にしたホームドラマです。犬塚と小鳥がつむぎの為に奮闘する姿が何とも微笑ましく、暖かい作品になっています。イメージ的に「高杉さん家のおべんとう」に近いものがあるので、アチラにハマった人はコチラも読んでみると良いかと。
小鳥:先生、私とごはんをつくってたべませんか?


993.「Nシップ」 M.WOLVERINE(えむ・うるぶりに) …意外なネタ、度 74%
「砂漠のウサギ」同様、架空の国家・フェアリィランドを題材とした第二次大戦モノで、コチラは艦長以外は女だらけの潜水艦・ワイルドハニーパイ級N-7号潜の活躍を描いた表題作の他に、フェアリィランド空軍の伝説的撃墜王・ブラッディ・ノビーと彼女の教え子達を描いた「南アフリカ・サーカス物語」の二本立て。「砂漠のウサギ」と併せて陸海空制覇しています。「Nシップ」の方は搭乗員が素っ裸だったりするんですが、絵柄故エロさは皆無、というのも特徴かと。
リチャード:バ、バカモン!服を着んかい!


992.「砂漠のウサギ」 M.WOLVERINE(えむ・うるぶりに) …絵柄だけで敬遠しないで欲しい度 95%
第二次大戦のアフリカを舞台に、亜人が住み男の出生率が低い架空の国家・フェアリィランドの戦車兵達の活躍を描いた架空戦記モノです。敵対するのはロマーニャと呼ばれるイタリア軍となっています。ファンタジー要素は多いものの、フェアリィランドの国家としての設定やそこで開発された兵器には細やかな設定が与えられており、敵側を中心に実在した兵器等も登場する為、頭の固いガッチガチなミリオタでもない限り楽しく読める作風です。またそういった架空兵器の解説も楽しいんですよ、ええ。絵柄が古臭いのもむしろ懐かしい感じがしてこの作品にはマッチしているかと。「靴ずれ戦線」等と同様、昨今のミリタリー系アニメにハマったけど、源文作品は重た過ぎて…という人にお勧めです。
メイア少尉:イドリブ!

991.「ロボ娘のアーキテクチャ」 山東ユカ …なゆたの普通度 100%
いたって普通で良い子な女子高生・なゆたの、天才ではあるが変人としても有名な姉・伊知子が家に帰って来た。彼女が連れて来たのは彼女が勤め先の玩具メーカーで9億かけて開発したガイノイド・クォークだった、という4コマ漫画。ドタバタギャグ、というよりナンセンスさを楽しむ作品で、爆笑できるというよりクスッとさせられる漫画になっています。
クォーク:ごめんなさい地球にやさしくないロボで


990.「小森さんは断れない!」 クール教信者 …雰囲気の良さ 83%
何かを頼みたくなるオーラをまとった女子中学生・小森さんの生活を描いた、所謂日常系4コマ漫画。気が優しくて力持ちを絵にかいた様な性格の小森さんと、その友人二人が中心、という構図で、その毒のない爽やかかつほのぼのとした雰囲気は佐野妙先生の作風を思わせるモノがあり、キャラクターの配置や設定など、「森田さんは無口」を思わせる部分が多く、同作のファンは読み比べてみても面白いかもしれません。
小森さん:わかった。めぐみの頼みは聞かない


989.「旦那が何を言っているかわからない件」 クール教信者 …コレが実話だったら壁を殴ってる度 100%
以前紹介した「中国嫁日記」等と同様に元々はweb4コマ漫画ですが、書籍化もされています。中身は重度のオタクで2ちゃんねらーの旦那と、普通のOLの奥さん・カオルさんの生活を描いたモノ。ただ、「中国嫁日記」とは異なり実話ではなく妄想です。まぁ、作中での旦那の愛されっぷりを見ていると嫉妬で壁を何度も殴りたくなってしまうのでむしろ妄想でオッケーですが。(笑)とにかく、「あ゛〜いいなぁ〜」と思ってしまう事ウケアイの作品です。
旦那のお父さん:ドッキリじゃなかったのか!?あんたぁ!!


988.「これからコンバット」 森尾正博 …割と萌え的な要素が無くて良い、度 90%
かなりお気楽で元気なOL・小西ゆいは、異動してきたいつもアタッシュケースを持って通勤する謎の同僚・千石が気になり後をつける。そこで辿り着いたのはサバゲ―の屋内フィールドで、そこには華麗なガン捌きで敵を倒す千石の姿が!!…という、サバイバルゲームをネタにした作品。「ステラ女学院」や今度アニメ化する「さばげぶ」と同じラインですが、コチラはより実践的な中身になっています。個人的には一連のサバゲネタ漫画では一番オススメかも知れません。
ゆい:私サバイバルゲームにハマっちゃいました!!


987.「しましま日記」 佐野妙 …割と重い部分もある度 90%
本土とは連絡船しか交通手段がない孤島こ学校に赴任した、都会出身でちょっとお嬢様な所がある新米教師・島野望の奮闘を描いた4コマ作品。「森田さんき無口」を始め、ほんわかとした明るい作風が得意な佐野先生ですがこの作品は女子同士の派閥やら、思春期特有の鬱屈した要素とかが出ており、それに主人公が打ちのめされたりとややヘビーな展開が目につくのが特徴。なれど、最終的にはそれらを乗り越え成長していく姿が描かれており、らしい大団円を迎えてくれる作品です。一応教師モノですが説教臭さは皆無で嫌味のない作品になっています。
島野先生:…楽しいよ?でも全部が全部楽しい訳じゃないからねぇ


986.「おじょじょじょ」 クール教信者 …不思議な関係度 100%
金持ちをこじらせて周囲から孤立する「ですわ」口調のお嬢様・地獄巡春(ジゴクメグリハル)に出来た初めての友達は、やはり周囲から孤立している無口で時代錯誤な変人・川柳徒然(カワヤナギツレヅレ)だった…という4コマ漫画。いわゆる「ぼっち」同士の恋愛を描いた作風なれど、重た過ぎない作品になっています。春にも川柳にも孤立に至ったバックボーンが描かれており、4コマ漫画ながらも物語に説得力があったりするのも上手い所。何となく「琴浦さん」に近いイメージで、アニメ化とかがあったら人気が出るんじゃないかな、と思える作品です。(個人的にはして欲しくないんですが)春に対するじいやの毒舌が光る作品。
じいやならば友達料はいかほど…!?


985.「ヒト喰イ」 作:MITA 画:太田羊羹 …ルールつき漫画度 86%
元々は原作担当のMITA氏がwebコミック投稿サイトで連載していた作品で、コチラはそれを元に裏サンデーで連載されている作品。世界観は共通なれど、主人公等は一新されています。頻発する集団突然死事件…死亡者に共通点がないにも関わらず死亡時刻が全く同じ、という奇妙な事件…実はこの被害者達は半径数キロ圏内から無作為にヒト喰イの巣に招待されてしまった人々でそこからの生還方法はたった3つ。ヒト喰イを殺すか、ヒト喰イから逃げ切るか、ヒト喰イに諦めさせるか…という、脱出サスペンス。謎が謎を呼ぶ作風となっており、巣でのヒト喰イ探しや駆け引きといった要素以外でも楽しめる作品になっています。
佐々木:コーヒーはキリっと、ブラックでお願いしますよ。


984.「地獄のアリス」 松本次郎 …主人公が若干メンドクサイ度 90%
映画「マッドマックス」やゲーム「メタルマックス」な世界を舞台に、砂漠の廃墟で悪党退治をしていた少年・シュウと彼と行動を共にする人造人間のアリスが、キャラバンのリーダー・マキルナに誘われてコミューンで暮らす事になるが、そこでアリスを巡る陰謀に巻き込まれていって…という作品。クセが強めですがアクションシーンが上手く、物語展開も過度に重過ぎたり軽過ぎたりせずバランスが良い仕上がりになっています。中々引き込まれる作品ですよ。
シュウ:この距離じゃボクは戦えないんだ


983.「まがつき」 田口ホシノ …どう終わらせるか気になる度 70%
家が神社高校生・荒巾岐八助は境内の草刈り中に誤って祭祀に納められていた神鏡を割ってしまい、中に封印されていた厄神・織姫に祟られてしまう。離れられなくなった二人の姿を見た幼馴染・アカリには誤解されてしまい、織姫の妹・天照大神ことひなたにも祟られ…という、至極分かり易いスタイルのハーレムラブコメ。八助は魂を持っている者に触れていなければならず、離れると死んでしまう上に蘇生するにはキスをしなくてはならない…と非常に分かり易く、その設定故ラッキースケベ的な描写も豊富、とハーレムラブコメの典型とも言える作品。一応告白こそしていない者の八助とアカリは両思い、というのが決着にどう影響するのかが見どころかも。ハーレム系ラブコメってのは、プレイヤーがヒロインを選べるゲームとは違い、納得できる形で特定のヒロインとくっつける、というのが案外難しいのですが、果たしてどうなりますか。
織姫:私を「幸せ」にしてください


982.「部長に威厳はありません」 高橋真弥 …部長が健気度 88%
部員が二人しかいない卓球部の部長・木ノ下絵夢は下手だけど卓球が大好きな巨乳高校生。そんな卓球部の唯一の部員・矢島恵澄は卓球は強いが卓球よりも部長イジリが好きなドSな後輩。それでも絵夢は部長としての威厳を取り戻そうと奮闘するが…というコメディ作品。女の子同士がいちゃいちゃする描写が多く、百合モノ的なイメージが強い作品。部長がイジられても一生懸命頑張る様は何とも健気で可愛らしい作品でもあります。
恵澄:何言ってるんですか…私達は部活仲間であるその前に…立派な女王と下僕じゃないですか?


981.「村ドル」 佐野妙 …ほのぼの路線度 92%
「森田さんは無口」の作者が送るアイドル漫画。といっても華やかながら陰謀渦巻く芸能界で健気な新人アイドルのヒロインが…という少女漫画的なものではなく、ひょんな事から玉川村という田舎のご当地アイドルになってしまった中学生・芦原あおいのご当地アイドル生活を描く、という変わり種。相変わらず派手さはないもののクスリと笑えるほのぼのとした空気が魅力的な作風になっています。毒や嫌味がなく、安心して読めるというのは作者・佐野先生の絶対的な強みだと思うのですよ、ええ。
大崎さん:制服には抑制された美があります


980.「ごきチャ」 るい・たまち …ゴキブリなのに愛らしい度 98%
人間と仲良くなりたいと思っているゴキブリ・ごきチャがゴキブリがいない北海道に引っ越す…という「害虫女子コスモポリタン」と同様ゴキブリの擬人化作品。といっても「コスモポリタン」の様に完全な擬人化ではなく、ゴキブリとしての意匠をある程度残したままでの擬人化です。ただ、この作品は何と所謂”萌え漫画”なのが凄い所。ゴキブリやその他の生態といったマメ知識みたいな面白さはありませんが、ごきチャの健気さが光る作品です。Mixiのコミュニティから同人誌になり、商業誌に連載開始する前に携帯向けのアニメや青島文化教材社からプラモ(!!)がリリースされる等、かなり特殊な形態になっています。ちなみにゴキブリが人間に与える実害というのはサルモネラ菌等を伝播させる事はありますが、ネズミや蚊の様に特定の伝染病の媒介となるケースは稀で、ムカデやスズメバチの様に有毒で攻撃的だったりする訳でもない…にも関わらず、不快害虫としてナンバーワンの地位を保ち続けている虫なのですね。ちなみにシロアリもゴキブリの仲間だったりします。
ごきチャ:わっ…私と友達になってください!!


979.「デンキ街の本屋さん」 水あさと …オタクトレンディドラマ度 90%
とある電気街にあるコミック専門書店「うまのほね」でバイトをする妙に濃い面々の日々を描いたコメディ。「WORKING!!」にオタクネタを加味した様なイメージ、というと分かり易いかと。所謂日常系作品ではありますが、ネタが濃い事もあってかダラダラとした印象はないのがマル。世間から抱かれがちなオタクの負のイメージは描かれておらず、キャラクター達が実に楽しそうに描かれているのが良い作品です。
エロ本Gメン:私は…不健全人間です


978.「恋愛暴君」 三星めがね …羨ましくないハーレム度 95%
任意の二人を強制的にキスさせ、カップルにする事が出来る不思議なアイテムを持つ少女・グリが普通の高校生・藍野青司のもとに現れて…というキューピットハーレムラブコメ。但し、キューピットは面白さ優先で倫理観が欠如したトラブルメーカー、元々主人公が好意を持っていた学園のアイドルキャラはククリナイフを振り回すヤンデレ、もう一人のヒロインはハーレムに加わったものの主人公が好きな訳ではない、という、あんまり羨ましくないのが特徴。ベクトルは違いますが、一応キューピットモノの「ラブやん」と近い形態の作品と言えるかも。個人的には主人公ハーレムには加わらない委員長がしっかり者で一番可愛いと思います。
緋山さん:うんじゃあ、死刑☆


977.「ガン×クローバー」 作:山口ミコト 画:D.P …ありがちなれどそこそこオモロイ度 80%
警護を要する要人の子弟とそれらを護衛が通う特殊な学校・三門高校の生徒兼傭兵・早間守人は多重転校生の転校生・奈々世一葉の護衛を命じられる。多重人格者である事意外にも特殊な能力を持つ故狙われる奈々世だが、護衛に選ばれた守人にも重大な秘密が…という、学園ハードアクション漫画。題材や内容はライトノベル原作付きっぽいですが、オリジナルの漫画です。ASが出てこない「フルメタルパニック」と言う様な印象ですが、主人公が最初から滅法強いのが特徴です。
守人:俺はロリコンじゃない!


976.「坂本ですが?」 佐野菜見 …一発ネタ度 97%
眼鏡がトレードマークのイケメン高校生・坂本君のクールかつ華麗な生活を描いたコメディ。というと、「何のこっちゃ?」なんですが、とにかくそういう作品なんです。説明し難いんですが、内容は全然違いますが「となりの関君」にイメージ的に近いかも。一発ギャグのようなネタ漫画ではありますが、注目株かと。
坂本:…僕は、ここで結構ですから


975.「リュウマのガゴウ」 宮下裕樹 …理解できれば面白い度 96%
「正義警官」“白皮”と呼ばれる化物により、人類が圧倒的弱者となった世界を舞台に、かつて世界を救ったと言う不死の英雄”リュウマ”の名にすがって生きている人々と、そんな人々を救おうとする”リュウマ”を名乗る者の物語。漫画の世界には英雄譚は数あれど、英雄の名を継ぎ、紡いでいくというスタイルは中々に珍しいんじゃないかと。ある者は自発的に、ある者は偶発的に、あるものは半ば無理やり英雄の名を騙るが、それすらもリュウマという伝説となって人々の希望になっていく…と言う展開が非常に面白い作品。連載、というよりむしろ連作、というようなスタイルの為、時間軸とかエピソード毎にバラバラだったりして読むのに読解力を要する部分はあれど、世界観に入れれば非常に面白い作品。オススメです。
謎の女:私はリュウマの母親になる女だからだよ


974.「DARKER THAN BLACK 漆黒の花」 作:BONES、岡村天斎 画:岩原裕二 …やや説明不足度 76%
アニメ「DARKER THAN BLACK」の第一期「黒い契約者」の続編的作品。作画は「いばらの王」や「ディメンジョンW」の人なので、作風にもマッチしているかと。一期の直後、という設定なので、二期「流星の双子」との割と薄いんだそうで。(アニメの方見てないんです)物語はアニメの主人公である黒ではなく、とある事が原因で漆黒の花を植えつけられてしまう女子高生・月森梓を中心に展開します。アニメをみていないのでアニメとの関連云々は分かりませんが、物語自体の完成度は中々高く、読める作品になっています。ただ、やはりアニメ版を知らないと説明不足で良く分からない部分も多いのが難。私もコレを読んで原作のアニメを見てみたくなったクチなので、原作ファンにはオススメ出来るんじゃないんカと。
梓:…いい気味。でもね、コーチだけは別。簡単には殺さない。即死なんて許さない。嘔吐、悶絶、地獄のフルコースをたっぷりと味あわせてあげる!


973.「ストラヴァガンツァ 異彩の姫」 富明仁 …表紙に騙され易い度 75%
表紙を見ると、仮面を被った姫が主人公のファンタジー戦記モノ、とかだと思ってしまうかも知れませんが、中身はとある王国の王女”ビビアン”は何故か仮面を被っていて、時折仮面を外し、”クラリア”と名乗って城を抜け出してしまう…という、むしろコメディよりな作風だったりします。割とエロめの描写もありますが、あんまりリビドーに訴えるものではないかと。ファンタジー世界を舞台にした日常漫画、的な趣の作品です。
クラリア:まけてくださるの?


972.「魔法少女プリティ☆ベル」 KAKERU …政経軍事ネタはともかく持論語りはノーサンキュー度 90%
魔法のロッド・リィンロッドが目覚め、その適合者・魔法少女プリティベルが現れる時、世界は必ず大きな危機が訪れる。プリティベルのサポートをする天使、ミルクとココアはリィンロッドを狙う魔族に襲われながらも適合者・美咲エリのいる町へ辿り着く。しかしリィンロッドが示したのは、エリの隣に住むボディビルダー・高田厚志だった…という、一見出オチ見たいな作品。ただ、出オチ担当な高田のアニキの言動は意外とカッコ良かったり、世界に混乱と危機をもたらすものに対し、魔族の4大軍が手を結んで主人公と共に戦ったり、と面白い展開を見せる作品。政治やや経済的なネタが結構表に出ている点で、「まおゆう」とかに近いイメージです。ただ、そういった部分での作者の我が少々鼻につく形になってしまっているのが欠点。この事と、女性キャラクターが無駄に肌の露出が多い(しかもロリ多し)という点で人を選ぶ作品になってしまっています。ちなみに、高田のアニキの攻撃方法はボディビルのポージングですが、コレは間違いなくゲーム「愛超兄貴」が元ネタだと思われます。
ベルベリオン:何かを悪役にして壊してもな、大体より悪くしかならんのだ


971.「EVIL EATER」 作:永福一成 画:KOJINO …新機軸度 90%
殺人犯が死刑になると、代わりに被害者が一人生き返らせる「生命等価交換法」が施行された日本を舞台に、生き返った被害者”帰還者”が奥底に抱く”心的悪種”を摘み取る法務執行972.官の物語。帰還者が抱える心的悪種の正体や、被害者が生き返る事を望んでいなかったり、本来生き返る筈がない人物画生き返ったり、と意外性があり、それを解決していくのが物語のキモになっています。昨今の凶悪事件の加害者と被害者遺族の関係を鑑みると非常に興味深いスタイルの作品。斬新な分、独自の設定が多いのでやや取っつき難いきらいはあるものの、無読み出すと一気に読めてしまう作品。色々と描き切れていないまま全3巻で終わってしまっているので、もうちょっと読みたかった作品です。
妖子:逆の立場なら、センパイも同じことをしたと思います


970.「アリョーシャ!」 近藤るるる …真っ向友情漫画度 82% 
東欧の大国ソレシアからやってきた美少女留学生・アリョーシャは、ソレシアからの独立を目論むエストラキア共和国から派遣された暗殺者。来日しているソレシア大統領の暗殺の為に日本に送り込まれたが、連動して起こる筈だったクーデターは頓挫。上官に「これからは普通の女子高生として生きろ」と命じられたアリョーシャが、祖国に新設された暗殺部隊に命を狙われつつも普通の暮らしを守っていく、という物語。暗殺者モノですが派手なアクションはあんまりありませんが、その分アリョーシャと友達になった仲間との絆、友情が強く描かれており、そこが見どころになっています。題材はともかく、割と心温まる系の作品ですよ。
アリョーシャ:私は私の責任において未留を守らなければならない


969.「フリージング」 作:林達永 画:金光鉉 …読んでみたら意外と面白い度 89%
アニメにもなった美少女アクションモノの漫画。人類を襲う異次元体”ノヴァ”との戦いの為に、聖痕と呼ばれる組織を体内に埋め込まれた少女達”パンドラ”と、彼女らをサポートする少年達”リミッター”を育成する為の学校の一つ・ウェストゼネティックに編入した少年・カズヤと、学園で「接触禁止の女王」の異名を持つ問題児・サテライザーの二人を軸に展開します。オタク系エロマンガで知られる出版社の漫画誌連載なので、ちょっと戦っては乳さらけ出し…な作品かと思いきや、そういう描写はあるものの割と真っ当なアクション漫画になっています。物語も割とハードな描写も多かったりと中々侮れない作品。エリザベス先輩がカッコ良過ぎです。
エリザベス先輩:しかし貴女は…私が心から尊敬できる数少ない女性です


968.「デストロ246」 高橋慶太郎 …イカレキャラ度 84%
「ヨルムンガント」の作者が送る、殺し屋ガンアクション作品で、「ヨルムンガント」より前に描いていた「Ordinary±」の続編にあたる作品。おっかない女ばかり登場する作品で、男は雑魚しか出てこないのが特徴。設定とかは「trash」に近いですが、コチラはギャグやコメディ殆どなしのガチガチな作品だったりします。
藍&翠:これはご主人様の怒りだ。


967.「亡国のジークフリート」 天望良一 …「だがそれがいい」っぽさ 75%
中世ドイツの叙事詩「ニーベルンゲンの歌」をモチーフにしている騎士アクション漫画…ですが、その中身はむしろ「花の慶次」とかに近いかも。「花の慶次」で言う所の「傾奇者」が本作だと「騎士」であり、その絶対的な拠所である「誉」でしょうか。登場する騎士が皆一芸持ちだったりとバトル漫画としても結構面白く読める作品です。
ジーグフリード:姿など器に過ぎぬ。問うべきは…誇り!!


966.「監獄学園」 平本アキラ …ケツ度 81%
共学化したばかりの元女子高を舞台に、入学早々女子風呂を覗いた事がバレて裏生徒会に懲罰棟…通称”監獄(プリズン)”に投獄された5人の男子高校生を描いた作品。露出過度でちょっとおバカな所がある裏生徒会副会長や、ゴザル言葉で妙に漢気を見せる三国志オタク、ダンディな風貌とは裏腹に重度の尻フェチな学園長等、濃いメンツで物語が進行します。ギャグみたいな設定、ギャグみたいなキャラクターでギャグみたいなストーリー展開ですが、描写は大真面目…というギャップも面白い作品です。
キヨシ:所詮オッパイなどお尻のまがいものに過ぎないのです


965.「君のナイフ」 小手川ゆあ …救いがない度 77%
高校教師の志貴はある日バーで出会った美女から一回500万円で悪人を殺さないかと持ちかけられる。ガンで余命いくばくもない最愛の姉の為にこれを引き受けるが…という、現代版”ハード路線の「必殺」”です。「死刑囚042」でもそうですが、答えを出すのが難しい、かなり重いテーマを内包しつつも割とアッサリと物語は展開します。それが却って各キャラクターが引き立っているのかも。最後はこのテーマらしく、かなり救いが無い形なのもらしい気がします。
いつき:すごい!あなたたち正義の味方だわ。必殺仕事人ね!!


964.「竜の翼に君をのせて!」 寺田晃輔 …どっかで見た事ある様な度 80%
空賊を狩る賞金稼ぎ・清春と、相棒の空竜・ムサシの活躍を描く冒険ファンタジー作品で、昔セガサターンでリリースされていた「パンツァードラグーン」の様に主人公が竜の背に乗って飛ぶアクションが見どころの作品。世界観等、何となく「リンドバーグ」に近いものがありますが、コチラは機械…つまりは飛行機とも戦ったりします。
清春:やっぱり竜神ってヤツなのか?おれどうしてももう一度会いたいんだ!


963.「まおゆう4コマ 向いてませんよ、魔王様」 作:橙乃ほまれ 画:七積ろんち …ファン向け度 75%
「まおゆう」のコミカライズの一本で、コレは4コマギャグ漫画。ゲームとか人気アニメによくあるファンブック的な4コマアンソロジーみたいなもの、と考えれば分かり易いかと。ただ、魔王がおバカなドジっ娘になってしまってますがストーリー自体はある程度原作の流れで進んでいる様です。
メイド長:やればできる子なんですッ!!


962.「月輪に斬り咲く」 丸山朝ヲ …中身は割とハード度 90%
“狗神憑き”と呼ばれる人を襲う獣人となってしまった人間を斬り鎮める、もしくは大旧杜(おおふるもり)に送る事を代々生業としてきた家系「狗神筋」…この当代巫女・サクヤの活躍を描いた伝奇系獣人アクション。サクヤはかつて最愛の人・甲斐名が狗神憑きとなってしまい、覚悟を決め鎮めようとしたが取り逃がしてしまった過去があり、コレが物語のキーになっています。女の子主人公でこの手の作品、というとややヌルいものをイメージしてしまいがちですが、アクションシーンはむしろグロ描写も多く、展開自体もサクヤが一族からは”同族殺し”、周囲の人間からは”人殺し”と忌み嫌われている等、中々ハードなのが特徴です。
千夜:ヒトゴロシ!コレ全部あんたのせいなんでしょ!?人殺シッ!人殺しぃ!


961.「ディーアールシーツー」 作:伊藤仁 画:楓月誠 …人を選ぶ度 84%
危険な妄想を具現化してしまう奇病・反社会的妄想具現化症候群…通称”中二病”。関わった他人の致死率は9割を超えるこの難病に立ち向かえるのは、たった一人の専門医とワクチン達(タロットをモチーフにした女の子型)だけだった…という、所謂「中ニ病」をホントに病気として描いてしまったユニークな作品。大真面目にバカをやっている作品ですが、ホントにこの作品に出ている様な症例を発症している…もしくは発症していた過去を持つ人にはちょっと嫌な中身になってるかも。半ば打ち切りみたいな形になってしまったのが残念な作品です。
塩本:アンタらにはそいつらが「患者」に見えるんだろうが俺にはあいにくそいつが「犯罪者」にしか見えねぇんだよ


960.「あだしもの」 山本久美子 …斬新さはないが安定度  74%
幼い頃から妖怪を見る事が出来、唯一の肉親である同じ能力を持つ祖父の葬式以降、クロトゲと名付けた妖怪に取り憑かれている高校生・灰塚孝が、同じクラスの委員長・小町綾女に弱みを握られ、怪異現象研究部の部員とされてしまう…という妖怪学園モノ。アクションよりもハートフル路線です。設定等は割とありがちな作品で、内容も割とコレという特徴がないのが難点ですが、その分安心して読める作品ではあるかと。
綾女:私は完璧なんかじゃない…ただ目的があるから頑張ってるだけ…


959.「ヴァイアンメイデン」 作:村田真哉 画:新崎コウ …動物能力度 75%
大災害により家族を失った少女が集う国家第4高等学校。そこは表向きは学校だが、実態は兵器開発の人体実験が行われている巨大施設。己の身体に「兜」の遺伝子を組み込まれた橘華凜は弱肉強食の学校で己の尊厳と誇りを守る為の戦いを始める…という学園アクション漫画。原作担当が「アラクニド」や「キャタピラー」の人で、この作品でも虫や動物の特性がアクションに反映されるスタイルになっています。二作品と違う要素は、本作は生身ではなくメカニカルな武装をして戦う点で、この武装は変身ヒーローや魔女っ娘モノの様な形で装着されるのが特徴。裏設定とかにも凝っている風な作品になっているので、今後が楽しみな作品の一つかと。
華凜:確実に死ぬならともかく「死ぬかもしれない」位だったら…別にいいかなって


958.「マジンサーガ」 永井豪とダイナミックプロ …結局完結してない度 95%
永井豪先生の代表作、として「マジンガーZ」を挙げる人は多いですが、実の所「マジンガー」は同時期に連載していた「デビルマン」を優先させた為に半端な形で終わっていたりする訳で、それを補完、リメイク…という形で描かれたのがこの作品。ただ、中身は「マジンガーZ」というより「凄ノ王」や石川先生の「虚無戦記」的なモノになっているので、「マジンガーZ」を意識して読むと却って違和感がある…しかも結局未完、という困った作品だったり。実は「桜多版マジンガーシリーズ」と同じく「エヴァ」が強く意識したのではないかという描写や演出が多々ある作品だったりもします。「真マジンガーZERO」で話題になり、フィギュアにもなったさやかさんのパイロットスーツ…オ○○コとア○ルに端子が刺さって機体と連結するド変態コスチュームもこの作品が元ネタだったり。
甲児:いった!腕が!!腕だけが!?


957.「trash THE LEGENDARY KILLER “BULLET & FRANCESCA”」 作:山本賢治 画:D.P …グロありなのに軽妙度 87%
アジア最大の歓楽街・歌舞伎町を舞台に、関東岩志組組長・許斐美能子から殺しを請け負う都市伝説級の殺し屋「バレット&フランチェスカ」ことるしあとマインの活躍を描いた作品で、エログロアリなバイオレンススラッシャーアクション漫画です。バレットとフランチェスカは女子高生で、彼女らの飼い主である美能子の女子高生、というのキャラ配置は昨今の流行りなのかも。アクションシーンもちゃんと見どころになっているのですが、むしろこの作品は全体に漂うB級テイストを楽しむモノなんじゃないかと。色々とトンデモナイ作品ですが、痛快さもある作風です。
るしあ:…もう充分生きたでしょ?


956.「テラフォーマーズ」 作:貴家悠 画:橘賢 …じょうじ度 100%
火星へのテラフォーミングに向けての環境整備の為に、火星に苔とゴキブリを繁殖させようとしたら、ゴキブリが突然変異的な進化をして人間みたいな姿形になっちゃった。コレを退治する為に動物の遺伝子を組み込んだ改造人間を火星に送ったよ…と、ごく簡単に説明すればそういう漫画。「このマンガがすごい2013」でオトコ編1位になった作品…のせいで実は興味があったのに手を出したくなくなっていた作品だったりするんですが(へそ曲がりなので/笑)読んでみると確かに面白い作品です。出オチにも見える人型ゴキブリも実に印象的で、元々のゴキブリとは全然似てないのに何となく連想させられてしまうグロテスクさがステキです。中身としては、大雑把な印象は映画の「スターシップトゥルーパーズ」とかに、テラフォーミングに関して各国の利権が絡み裏での陰謀が…というノリは「ムーンライトマイル」とか、人間が動物の能力云々という設定やその解説の仕方なんかは「アラクニド」とかに近いかと。アクションシーンも魅力ではあるのですが、人間側の一発芸がもっと印象的&効果的に描かれると良いかも。
ゴキブリ:じょうじ


955.「デビルマンG(グリモアール)」 作:ダイナミックプロ 画:高遠るい …原作とアニメ版へのリスペクト度 92%
名作「デビルマン」のリメイク作品の一つですが、中身は本家とは結構違っている作品。悪魔マニアで自称魔女の幼馴染・魔鬼邑ミキにより獣魔族の勇者・アモンの宿主となった不動アキラの活躍を描いたモノ。原作やアニメの「デビルマン」がアキラの精神にアモンが混ざった形なのに対し、コチラはアモンの精神にアキラの精神が残されている形になっているのが特徴。グロ描写は多々ありますが然程陰湿なものではなく、アクション活劇として面白い作品に仕上がっています。原作だけではなく所々にアニメ版へのオマージュがあったり、絵柄自体も往年の永井先生に似せて描かれているのが印象的です。
アキラ:…知らんもんは…知らんっ!!!!


954.「RAID ON TOKYO」 小林源文 …自衛隊度 98%
日本の新政権が日米安保を破棄し、それに乗じてソ連が日本に攻めてくる…という内容で、小林源文氏一連の自衛隊モノの最初の作品です。ソ連の機甲師団が新潟に上陸し、永田町はソ連の特殊部隊に占拠…という状態で、超法規的に行動を開始する自衛隊の活躍が描かれます。小林作品の常連、佐藤と中村もこの作品からだったり。ちなみに佐藤のモデルは漫画好きには「皇国の守護者」や「学園黙示録HIGHSCOOL OF THE DEAD」の原作でも知られる作家の佐藤大輔氏、中村のモデルは小林氏の元アシスタントがモデルです。
中村:もしもしミッチャン?あ、俺!俺だよォ。今からさァ戦争行くんだよ


953.「町医者ジャンボ!!」 こしのりょう …そっちかよ、度 80%
白衣の代わりにライダージャケットを羽織るプロレスラーの様なガタイの医師・鶴田役にEXAILのメンバーを起用したドラマも放映されている町医者、地域医療を題材とした漫画。雰囲気としてはやはりドラマ化(コッチは2時間ドラマですが)もされた名作「Dr.くまヒゲ」に近い作風です。中身は違いますが、主人公がとある過去を抱えている、と言う点も共通。自宅療養や在宅介護等に関しても描かれており、高齢化が進む現在、かなりタイムリーな作品と言えるかと。主人公を始め、主要キャラクターの名前が往年のプロレスラーになっているのも注目ポイントです。
鶴田:オマエの綺麗事なんざただの偽善だ


952.「銀のケルベロス」 作:逢川里羅 画:BerryStar …二重人格度 70%
伊邪那岐財団により厳重に管理されている謎に包まれた希少物質”プシー”を守る為に結成された特殊部隊”ケルベロス”の活躍を描くアクション漫画。主人公であるケルベロスの紅一点・サクヤにナユタと名乗る謎の別人格があったり、プシー自体に重大な謎が隠されていたり、とアクション以外にも見どころが多い作品です。女の子がメインキャラのアクション、というとどうしてもエロっぽい方向に走りがちですが、この作品はそういった要素はあんまりなく割と硬派な作風になってます。
レオン:オレたちはみんなマトモじゃないさ


951.「吸血鬼にっき」 あずま笙子 …心地良い空気感 97%
「かてきょん」の作者が送る吸血鬼漫画…と、いってもホラー的なモノではなく日常漫画的なほのぼの路線です。中身は、吸血鬼御用達の輸入雑貨屋で働く人間の女の子・桜井はなを中心に、雑貨屋で働く仲間達(吸血鬼二名、狼男一匹)の日常を描いたモノ。吸血鬼と人間が迫害やら従属といった関係なく、実に当たり前の様に共存している…という世界観が魅力です。「かてきょん」もそうですが、爆笑できる様なノリの作品ではないもののなんとなく読み始めてクスッと出来る、という空気感が良い作品です。
はな:いつか血だって飲んでみせます!


950.「実は私は」 増田英二 …コメの強いラブコメ度 100%
隠し事が出来ない性格で穴の開いたザル…通称”アナザル”と呼ばれる高校生・黒峰朝陽は密かに(と本人は思っていた)想いを寄せていたミステリアスなクラスメイト・白神さんに告白しようとするも、彼女の重大な”秘密”を知ってしまう。”秘密”を知られたら学校を辞めなくてはならないと告げる白神さんに対し、朝陽はその”秘密”を隠し通す事を決める…という、一風変わった学園ラブコメ。ミステリアスだった白神さんが、”秘密”を知られたが故に朝陽に見せるようになる表情が実に魅力的な作品です。ド外道な新聞部の幼馴染、白神さん並の”秘密”を持つクラス委員といったサブキャラクターも生き生きと描かれています。ラブよりコメの方が強めの作品が好きな人には強くおススメな作品ですよ。
白神さん:私のエビぃーっ!!


949.「イビルば〜じん」 あわ箱 …伊達のゲス度 100%
男性用精力増強剤を主力として扱っているヌルヌル製薬。ココの商品開発部に出稼ぎにやってきたのはサキュバスなのに処女の夜魔下まどかだった、というシモネタ満載の漫画。但しメインはまどかではなくむしろ彼女の先輩研究員・伊達のゲスでドエロなド変態っぷり。作者が「浪漫四重奏」の人、と言えば、分かる人には分かるノリです。
伊達:お前の性癖を洗いざらい俺にぶちまけてみろぉおおーッ!!


948.「時坂さんは僕と地球に厳しすぎる」 田中ほさな …理屈が通ってる様な通ってない様な度 85%
国内ではともかく海外では結構高評価だった「乱飛乱外」の作者の作品。何事もちゃんとする事を心情とする高校生・空木宗也の元に突如現れた美少女・時坂さん。彼女は行き過ぎた環境保護活動のせいで逆に地球環境に人類の存在が脅かされつつある未来から、環境保護に歯止めをかけ環境破壊をする為に過去にやってきたのだった…という、世にも珍しい環境破壊コメディです。「乱飛乱外」の様な派手さはないものの、何だか良く分からないうちに笑えてしまうという不思議な作品。物語自体も、時坂さんにとって天敵とでも言うべき存在の夢原さん登場以降、俄然面白くなっています。題材の奇抜さだけで終わっていない優良コメディ作品です。
時坂さん:地球は”人類のため”にある訳ではありませんよ。


947.「バディスピリッツ」 脚本:岩本みゆき 構成:黒岩よしひろ 作画:gyuo …アンドロイ度 77%
近未来の日本を舞台としたポリスアクション漫画で、警視庁の特殊ロボット部隊・SARFの活躍を描く、というモノ。ロボットと名乗っていますが、BUDDYと呼ばれる戦闘用サイバロイドとその専従の機動捜査官とのコンビモノとしての位置付けが強め。ただ、近い設定の「EX-VITA」とは異なりBUDDYに自我の様なモノはないのですが、双方で近いエピソードや台詞があったりするのが面白い所かも。パクリ云々と言う意味ではなく、読み比べると二度おいしいかもしれない、という意味で並行しておススメです。
レド:NO…レドはBUDDYであって相棒(ニンゲン)ではない


946.「SILENCER」 作:史村翔 画:ながてゆか …凶悪女度 99%
ニューヨークでの研修で大暴れして帰国した桂木静は消音銃を愛用する野獣のような刑事。そんな彼女が飛ばされたのは、警視庁の吹き溜まりと呼ばれる生活安全課”分室”。そこで彼女のパートナーとなったのは、警視庁でも悪名高いクセ者中年刑事・伊波だった…という刑事アクション漫画。面白いのは、いがみあいながらもやがては互いを認め…とか、軽妙なノリの似たモノコンビ、とかではなく、互いが互いを利用し合い、自分の利益の為に相手を平気で裏切る、というのが面白い所かと。ながて先生の濃い目の絵柄も作品にぴったりマッチしています。
伊波:タマはよせぇ〜!!俺には二丁目は似合わねぇ〜!!


945.「閃乱カグラ spark」 作:木謙一郎(マーベラスAQL) 画:田辺京 …意外な王道度 82%
コチラも人気爆乳アクションゲーム「閃乱カグラ」のコミカライズで、ゲームの一年前、半蔵学園に入学した頃の斑鳩と葛城を描いたモノ。このゲームのコミカライズのクセに(失礼)お色気シーンは少なめで、当初ぶつかり合っていた2人が互いに認め合う…という王道なノリになっています。どちらかというと葛城がメインか。絵柄がややクセがありますが、「閃乱カグラ」のコミカライズでは一番のおススメかも。(全部読んだ訳じゃないけどね)
葛城:いや何もわからん。けどよ、そうやって独りになった時の寂しさならわかんじゃねぇかアタイらはよ


944.「閃乱カグラ 紅蓮の蛇(ウロボロス)」 作:木謙一郎(マーベラスAQL) 画:あおいまなぶ …もやし度 80%
[人気爆乳アクションゲーム「閃乱カグラ」のコミカライズで、こちらは蛇女のメンバーをメインとして描く「紅蓮の少女達」の方を描いたモノ。そんな訳で若干ハード路線ではありますが、あくまで若干、という程度。本作のオリジナルキャラクターが、本家ゲームの方でも名前だけですが出てきていたりします。
大道寺先輩:のう、資。肉じゃがを作りすぎてしのってのう、のう。
霧夜先生:…卒業してくれ。


943.「つきロボ」 中平正彦 …ある意味「プロジェクトX」度 68%
人類が月で暮らす近未来、ロボットアニメ大好き少女・山本つきひが大のお気に入りロボットアニメ「月面魔神グラドゥルス」の実物が月に存在する、と聞いて、グラドゥルスの足りないパーツ探しに奔走する…という物語。実はこの実物大グラドゥルスはつきひの父親達が昔その時代の技術の粋を集めて再現しようとしたものの残骸…というのがミソ。そんな訳で、ロボットは登場しますがアクションシーンはほぼ無し、という異色作。お台場の実物大ガンダムに感動した人とかにはおススメです。
つきひ:ロボを動かすのはあたしら人類だァーッ!!!


942.「ノラガミ」 あだちとか …地味ながら佳作度 90%
派手ではないけど結構面白いよなぁ…と思っていたらアニメ化が決まってしまった作品。中身は、祀られる社もないマイナーな神・夜ト(夜刀神とは無関係らしい)と、死霊となっている所を夜トに拾い上げられた14歳の少年・雪音、そしてバスに轢かれそうになった夜トを助けようとして自分が轢かれ、それがきっかけで半妖となり魂が抜けやすくなってしまった女子中学生・ひよりの活躍を描く、というモノ。何となくシリアス分を増量した「銀魂」的な印象を受ける作品で、アクションモノと言える程アクションシーンは無いのですが、神や神器のルールが徹底されていてそれを上手く物語に絡めているのが面白い作品です。
夜ト:あなたにご縁があらんことを


941.「暁闇のヴォルフ」 緒方てい …割と王道ファンタジー度 72%
暴虐の限りを尽くした狼男・ヴォルフは喰らった魔導師に「愛」と「正義」という厄介な呪いをかけられ、はからずも自らが殺めた魔導師の孫で盲目の少女・フェルスと悪を狩る旅を続ける…というファンタジーアクション。但し舞台は「ドラクエ」的な世界観ではなくナチス時代のドイツになっています。こっ恥ずかしくなる位の王道設定&展開が特徴です。
ヴォルフ:ま…神なんて野郎がいたとしてもだ…この俺に加護とやらがある訳がねぇ。そんなもん糞喰らえだ


940.「性食鬼」 稲光伸二 …馬鹿っぽいが大真面目でドエロ、度 96%
クラス委員を務める優等生・野川いずみ…彼女はその周囲から抱かれる真面目な優等生というイメージとは異なり、自分の性欲を若干持て余し気味な少女。そんな彼女はある日学校に現れた謎の着ぐるみに襲われ 謎のバニーガールに助けられる。しかし、うさ山と名乗るそのバニーガールからエロ水着を渡され、それを着て戦う羽目に…というSFお色気アクション作品。はっきりいって描写は殆どエロマンガです。無茶な展開と描写のオンパレードで、嫌悪感を抱く人は徹底的に嫌悪する作品ですが、案外スジ自体はキチッとしている上にエロコメディーとして割り切れれば結構面白い作品です。
いずみ:女の子の純潔は!人の命より大切なのよ!!


939. 「疾走れ、撃て!」作:神野ナオキ 画:守月史貴 キャラクター原案:refeir …サブヒロインの方が人気出そう、度 90%
コレも人気ライトノベルのコミカライズ作品で、原作は「あそびにいくヨ!」の人。謎の巨人の襲来により中学卒業後に徴兵される事が義務化された未来の日本を舞台に、魔導士官の少女・紫神紅虎の護衛役として抜擢されてしまった新米士官の少年・田神理宇の活躍を描いたモノ。軍事的なネタは扱ってますが魔法も存在するファンタジーな世界観で、中身も凄惨な描写は薄口。典型的なラノベ的ボーイミーツガールなラブコメです。ありがちっちゃあありがちですが、メインヒロインよりグラマーで眼鏡なのに男勝りなサブヒロインの方が人気出そうな気が。
伊達:しかし―生き残らせたいと思ってます。何しろ自分の教え子ですので


938.「ヒゲの隊長 絆の道 〜果たしたい約束がある〜」 作:佐藤正久 画:加藤礼次郎 …自衛隊に感謝、度 100%
ニュースや新聞を読む人なら作者の名前でピンと来るかも知れませんが、作者は現在防衛大臣政務官を務めている議員さんで、小泉政権時代にイラクの復興支援として派遣された自衛隊の先遣隊隊長を務めた「ヒゲの隊長」です。ウチのトップページでもちょっとネタにした事がありますが、ニュース等では報道されなかったイラクでの自衛隊の真実が描かれています。他にも東日本大震災、尖閣の漁船衝突等についても描かれており、今こそ読んでおきたい漫画、と言えるかと。自衛隊に否定的な人にこそ読んで欲しい…そんな内容の作品です。
佐藤氏:日本は「武士道」の国…「武士」の「武」は「戈」を「止」めると書く


937.「EX-VITA」 古味慎也 …コンビモノとしての魅力 98%
2050年の東京を舞台に、警察署の問題児・美波と試作警察官アンドロイド・アルマがコンビを組み、凶悪な事件とその裏で暗躍する闇組織に立ち向かう…という近未来ポリスアクション。近未来といってもドライで殺伐とした雰囲気ではなくむしろ「逮捕しちゃうぞ」とかのノリに近いかも。暴走気味な性格ではあるものの人情味溢れる美波が相棒となったアルマをアンドロイドではなく一人の”仲間”として扱う内に、自身の損傷すら省みない任務至上主義のアルマが変わっていく…というのがキモになる様で。非常に先が楽しみな作品になっています。
アルマ:私は美波さんを信頼していますから


936.「週末のマリステラ」 高野千春 …不思議な世界観、度 77%
軍服を着て銃を携えた天使の少女達が海から来る怪物と闘う…という不思議な作品。キリスト教をネタにしていたり、亜人や天使が実は科学技術の発展により生み出されていたり、とファンタジーやSF的な要素もあるんですが、描写は結構ハード寄りの戦争漫画になっています。ネタといい描写といい、この手の漫画を読みなれていない人にはやや敷居が高い部分がある作品かと。
ラキア:生と死と共に これが天使(わたし)たちのつとめよ


935.「ヒーローカンパニー」 島本和彦 斉藤大哲とビッグバンプロジェクト …島本度 74%
荒廃する世の中で多発する悪質な事件や、防ぎきれない事故災害から政府や警察と共に人々を守る夢の職業「ヒーロー」…そんなヒーローになって我が社で働きませんか?そこでは巨大ロボットを操ろうと戦隊を組もうとアナタ次第、というヒーローカンパニーに入社希望の正義感の強い青年・アマノギンガがヒーローカンパニーに入社して活躍していく様を描く作品。いつもの島本節とでもいうべき熱く破天荒なノリが安心な作品です。
ギンガ:有料のヒーローって…応援されないのか!?


934.「ヒル」 今井大輔 …今後の展開が気になる度 76%
21歳の佐倉葉子…家を捨て、戸籍をも失っている彼女は、不当に手に入れた鍵を使い、住人が不在の家を渡り歩いて生活している。そんな彼女の前に、死んだ筈の同級生・月沼マコトが突如現れる。彼の口から語られる「ヒル」とは一体何なのか…という、落伍者達の物語。何となく実際にありそうなリアリティーを持つ作品で、世の中から存在しないモノとして見過ごされ、隙間に生きる…という様が何とも背筋をムズつかせる読後感にしています。物語の展開の持って生き方が上手い詠ませる作品ですよ。
マコト:今のキミがヒルだ


933.「ブラパ」 緑のルーペ …締め方に問題アリ、度 86%
少々鬱屈した所のある男子高校生・留美は、ふと入り込んだ廃車両で出会った不思議な少女・フジノから決闘を申し込まれて…という、非日常的青春物語です。分かり易くボーイ・ミーツ・ガールな作品ではありますが、やや最後が突飛というか、唐突な印象なのが残念な作品。そういう意味ではちょっと惜しい作品になってしまってます。
フジノ:ねぇ留美、私あなたに決闘を申し込もうと思うの。受けてくれるかしら?


932.「アクセル・ワールド/デュラル マギザ・ガーデン」 作:川原礫 画:笹倉綾人 …割と熱血、度 80%
「アクセル・ワールド」の外伝作品。本編のヒロイン・黒雪姫とブラックロータスについて幼い頃から兄に聞かされていた為に彼女に強い憧れを抱いている少女・千明チアキを主人公とした作品。本編以上にブレイン・バーストでのバトルに比重が置かれている作品で、主人公設定も…例えるなら「ストゼロ」のさくらみたいな感じになっている印象。ちなみに絵柄が何かに似ている…と思っていたら、この人は元々成人向け漫画(ロリ系)を描いていた人で、某ラノベのキャラクターデザインをしている人の絵を漫画で動かせそうな人…として一般誌に引っ張られたんだそうで。
冬牙:”美しい”からだっ!!


931.「アクセル・ワールド」 作:川原礫 画:合鴨ひろゆき キャラクターデザイン:HIMA …ノリと展開が今風、度 85%
アニメ化もされた人気ライトノベルのコミカライズ。ニューロリンカーと呼ばれる携帯端末の普及で、生活の半分位が仮想ネットワーク上で行われるようになった近未来を舞台に、イジメラレっ子の中学生・ハルユキが上級生の美人副生徒会長・黒雪姫の誘いで思考を加速させるという謎のアプリケーション「ブレイン・バースト」をインストールされる。ブレイン・バーストのプレイヤーとなったハルユキは、自らの分身であるデュエルアバター「シルバー・クロウ」となって加速世界の戦いに身を投じる…という、説明だけでやたら文字数が喰われるイマドキの作品です。(笑)所謂オンラインゲームをネタにした様な漫画、と考えれば私の様な昭和生まれ(笑)にも分かり易いかと。
黒雪姫:もっと先へ…「加速」したくはないか?少年…


930.「とでんか」 作:大塚英志 画:樹生ナト …ほとんどギャグ、度 65%
東京都第二総務課「都市伝説苦情受付窓口」、通称「とでんか」の活躍を描いたホラーコメディ作品で、人面犬や口裂け女とかがフツーに生活しており、とでんかの協力者になっていたりするのがユニークで、フツーの筈の人間にも極度の「X-ファイル」マニアで何でも宇宙人の陰謀にしてしまう「MMR」のキバヤシみたいに人がいたり、とミョーに濃い口なのが特徴。基本は「コミック怪」での連載ですが、スピンオフの「とでんか少年探偵団」がヤングエースで連載されたりもしています。
盛田:公安調査庁地球外生命課の盛田敦。別名公安のフォックス・モルダーです。


929.「ディメンジョンW」 岩原裕二 …世界観の魅力 97%
「いばらの王」で知られる岩原氏が送る近未来アクション。X、Y、Zに続くWという次元軸に存在する無限のエネルギーを取り出すことに成功し、それをコイルと呼ばれる装置に供給するシステムを完成させたことにより夢の様な世界となった近未来を舞台に、違法の不正コイルを悪用する犯罪者から不正コイルを回収する「回収屋」を生業とするコイル嫌いの男マブチ・キョーマと、コイルを使ったシステムの生みの親が作り上げた一見人間と見まごう程の精巧なアンドロイドで、彼の押しかけ助手となってしまった百合崎ミラの活躍を描く作品。雰囲気は大分違うんですが、「カウボーイビバップ」とかの雰囲気が好きな人には特におススメの作品です。さりげなく”骨董品”的な扱いで登場する車がトヨタ2000GTやモーガン4/4だったりという点で車好きにもおススメです。
キョーマ:スコア以前に、人として落ちちゃ終いだろ


928.「閃乱カグラ 少女達の真影」 作:木謙一郎(マーベラスAQL) 画:鷹爪あまみ …案外マトモ、度 65%
公式でオッパイオッパイ言っているのでネタかと思ったら割とちゃんとした古典的ベルトスクロールアクションゲームだった…という「閃乱カグラ」のコミカライズ。このゲームのコミカライズは数点ありますが、本作は一作目である「少女達の真影」がベース。漫画の方もゲームと基本的にノリは同様で、案外マトモというか、真面目にやってたりします。
詠:もやしをバカにしないでくださいましっ!!


927.「へヴィ―オブジェクトS」 作:鎌池和馬 画:さいとー栄 …結構面白い度 78%
作画担当は変わっていますが、流れとしては犬江氏のものの続きからスタートしている作品。「フルメタルパニック」とかもそうですが、こういうやり方…流行ってるんですかね?同じ原作ですから作画が変わった事を除けば雰囲気等は共通。むしろ作画自体もタッチが劇的に違っている訳ではないのですんなり入れるかと。デカくて強大なモノをアイデアと度胸で崩していく…というノリは結構好きなので、個人的には中々楽しんでいる作品だったりします。あ、余談ですが二巻の巻末に「究極!!変態仮面」のあんど慶周先生がイラストを寄せていたりします。「とある〜」シリーズよりは好きな作風ですかね。
ミリンダ:わたし…がんばるよ


926.「へヴィ―オブジェクト」 作:鎌池和馬 画:犬江しんすけ …分かり易い展開度 80%
「とある魔術の禁書目録」に続く鎌池氏の長編ライトノベルのコミカライズ。超巨大兵器”オブジェクト”の登場により世界情勢が大きく変貌した近未来の世界を舞台にした作品。基本ラインはクウェンサーとヘイヴィアという二人の少年兵が、ひょんな事から知り合ったオブジェクト”ベイビーマグナム”の操縦手・ミランダと協力して敵の強大なオブジェクトと戦う、というモノ。オブジェクト同士の対決ではなく、一介の歩兵が強大なメカを倒す…というのがメインになってます。ミリタリーやSF的な味付けが濃いめに見える世界観ですが、中身はかなり分かり易いボーイミーツガール。逆に設定的な面では矛盾が散見していたり。本作はライトノベル版で言う序章的なモノを漫画化しているようで、一巻で完結しています。
クウェンサー:そんな…せっかく爆破したのに…とでも言うと思った?


925.「スモーキングガン 民間科捜研調査員 流田縁」 作:横幕智裕 画:竹谷州史 …ドラマにしたら面白そう度 95%
警察が取り扱わない民事事件等の案件を調査する民間科捜研を描いた作品。ですが、所謂職業漫画ではなく流田縁という一人のキャラクターを軸に描かれており、彼が関わる事になる事件を数話完結で描く以外に、彼に疑惑がかかっている恋人・エミリ殺害の真相が徐々に見えていく…という流れがあるのが特徴。この事件の際、縁も謎の大怪我により記憶を失っており、その「失われた12時間の記憶」が鍵になっていく…という凝った構成になっています。原作者はテレビドラマ等の脚本を手掛けている人なんだそうで、なるほど、上手い配役でドラマとかにしたら抜群に面白くなりそうな作品です。ちなみにタイトルのスモーキングガンとは「決定的証拠」の事なんだそうで。
流田:…似合ってます。その手は人を愛した証ですよ


924.「GUNSLINGER GIRL」 相田裕 …やり口がズルイ度 90%
アニメやゲームにもなっている人気作品で、イタリアを舞台に、対テロ機関「社会福祉公社」によって全身を「義体」と呼ばれる機械に置き換えられ、「条件付け」という洗脳を施された上で組織の道具にされた少女達の物語。ただ、タイトルの割に派手なガンアクションは殆どなく、「ブラックラグーン」的なモノを期待するとガッカリするかも知れません。かなりえげつない設定や展開を見せる作品で、そんなえげつない悲劇を享受するのが可憐な美少女…という、悪い言葉でいえば非常に”ずるいやり口”をしている”趣味が悪い”作品。良くも悪くも問題作であり、人によっては拒絶反応を起こしてしまうかも。
トリエラ:お前なんかに分かるものか!私は戦わなくちゃいけないんだ!!


923.「わかば先輩未満」 佐野妙 …もうちょっと見たかった度 89%
アニメにもなった「森田さんは無口」の佐野先生が送る、一族経営の菓子製造会社を舞台に、OL・若葉と、彼女の年上の後輩・黒崎さん(巨乳人妻)を中心として描かれる4コマ漫画。所謂ほのぼの系の職場漫画ですが、最後に来て主人公の同僚のゴールインが描かれたりと、ストーリー漫画的な要素もあったりします。4コマではベテランの作家さんなので安心できる面白さで、若葉の三人の姉とか、黒崎さんの旦那とか、続けられる要素は結構残っていただけに全二巻じゃもったいない気がする位です。
赤岩:ついでに女のシュミも悪いぞ


922.「みりたり!」 まもウィリアムズ …水野さん最強論 80%
書類のミスで外国の軍隊に入れられ、いつの間にか救国の英雄となってしまった父のせいで命を狙われる事になった引きこもり気味の高校生・矢野宗平の元に、彼のガード役として軍人さんの女の子が二人派遣されて…という4コマコメディ作品。中身は完全なドタバタコメディですが、欄外にミリタリーとかのウンチクが書いてあるのが地味に面白かったり。主人公の隣人のOL・水野さんの無敵っぷりが光る作品です。
通販部のおっさん:すまん俺帰ってねるねるねるね作らないと…


921.「桜乃さん迷走中!」 えのきづ …世間の厳しさ 65%
アニメにもなった「琴浦さん」の作者のもう一つの作品。主人公の桜乃さんは東京の小さな商社に内定し上京したものの、入った会社は早々に倒産してしまい、実家にも帰れず公園で野宿していた所を大江さんに拾われることに…という、4コマ漫画です。結構世知辛い設定ですが、各キャラクターは案外呑気で逞しいのが特徴です。「琴浦さん」程の起伏はないですが、堅実な面白さを持つ作品になってます。
山本さん:まぁ桜乃さんは山ガールってよりは山師って感じだけど


920.「崖っぷち天使(エンジェル)マジカルハンナちゃん」 佐藤両々 …使い魔の変態っぷり 98%
29歳のOL・道上帆南は4年付き合っていた男と別れたばかり。傷心の彼女はつい道に捨てられていたぬいぐるみに話しかけてしまうが、そのぬいぐるみは実は世界を救う為魔法少女を探していた使い魔だった…という4コマ漫画です。魔法少女に選ばれたのが29歳のアラサーOLだったり、魔女っ子モノにマスコットキャラが付き物なのは使い魔が皆ロリコンだから、とか魔法のアイテムが1時間300円という課金制だわ、「ブリキュア」だの何だのという様な子供の夢をぶち壊すネタが満載の怪作です。ハンナと使い魔のやりとりもドツキ漫才状態で非常に面白い作品ですよ。
ハンナ:物理的に断腸させてやっても良いんだぜ?ロリコン紳士?


919.「ラッキー・ブレイク」 平つくね …「みそララ」よりゆるい度 70%
デザイナーを目指して大学で勉学にに励んでいたが、父親の会社の倒産により中退し、バイト生活をしていた主人公・野々川陸が、バイト先で出会った女社長に誘われてデザイン会社に…という、設定的にかなり「みそララ」に近い作品。中身の方も、基本仕事を通じて同僚と…というネタ。但しコチラは登場キャラクターの女性比率が高め…というか、殆ど女性になっていて、「みそララ」よりはキャラ漫画的な要素が強めです。
陸:バーの常連のお客さんからパチンコにはビギナーズ何とかってのがあるって聞いたんですよ


918.「トリセツなカテキョ」 山東ユカ …微笑ましさ 78%
今度アニメ化するらしい「スパロウズホテル」の作者の作品。かなりおバカな高校生・春吉が落としてしまったテストの答案用紙(17点)を拾ったのは、黒髪ロングの眼鏡美人だが人を寄せ付けない事で有名な先輩・井原美沙。彼女は、自分の学校が留年者が出たレベルだと思われたくない、という理由で春吉に勉強を教える事を提案する…という4コマ漫画。所謂クーデレヒロインモノ、という奴でしょうか。おバカだが真っ直ぐな春吉と、ちょっとした仕草で彼をドギマギさせる井原先輩の関係がなんとも微笑ましい作品になっています。
春吉:オレの番号も加えて四天王にしませんか?


917.「僕は恥っこが好き」 若井ケン …掛け合いの面白さ 95%
ガンガンONLINEで連載されているウェブコミックで、めんどくさがり屋の女子高生・野田ハル子のメッセージつき紙飛行機を拾った事で付き合う事となったクラスメイト・加藤を軸に描かれる学園コメディです。ハル子と加藤の他、スタイルの良い美人でハル子のツッコミ担当である友梨絵と彼女に水虫を感染させてしまったショタ系の後輩・水谷、成績優秀なメガネっ娘の青柳と、彼女に好意を持たれている特殊な性癖を持つ教師、加藤の友人・小西と、彼にいじめから助けられた背の低い後輩の女の子・ちさ…トドメに、鷹西と荒沢、二人で「広島の双子龍」の異名を持つヤンキーだが、鷹西(男)が自分に対し普通以上の好意を持っていると勘違いし、彼のストーカーと化した荒沢(男)、という固定カップ…ル?を描いています。基本ほのぼの系の作品ですが、キャラクターの掛け合いが実に楽しい作品になっています。
小西:オレの彼女がなにかしたかよ


916.「犯罪王ポポネポ」 小路啓之 …絵柄が今風、度 79%
凶悪犯のみが送られる海上刑務所に世界中が恐れる”犯罪王”として誤って収監されたのは、ゴキブリしか殺した事が無い小市民・マルキだった…という逆転ネタを扱った作品。正体不明の犯罪王のイメージが先行され過ぎて、ホントは違うのにポポネポだと周囲に信じ込まれてしまっているマルキの苦悩が「でトロイドメタルシティー」のクラウザーさんや「エンジェル伝説」の北野君に通じるものがあります。絵柄が非常に今風で可愛らしいものになっており、世界観もかなり独特なのが面白い作品です。
マルキ:じゃあ…ここから出たいんです


915.「理不尽のみかた」 柳原望 …暴走外国人度 88%
ご存じ、ウチでもプッシュしている「高杉さん家のおべんとう」の柳原先生の新作になります。主人公の縁が検察審査会の事務官、という珍しい職についているのが特徴。検察審査会とは検察が不起訴処分に対して不服がある場合に駆け込む場所で、言わば理不尽の吹きだまり。そんな職業漫画的な部分も描きつつも、メインはもっと根本的な人と人との繋がりを描いたものになっています。主人公は離婚経験あり、彼女の隣に引っ越してきたイギリス人は日本かぶれ、仕事でもプライベートでも縁と関わる事になるエリートイケメン弁護士は重度のオタク…と各キャラクターが何がしかの理不尽の種を抱えているのが特徴。相変わらず派手さは皆無ですが、静かに読ませる作品に仕上がっています。
縁:事故に出会ったことそのものが理不尽なんじゃないですか?


914.「閃光少女」 あさのゆきこ …歳の差ラブコメ要素度 86%
コチラはフラッパーで「夕焼けロケットペンシル」を描いていた作者の漫画。かつてプロのカメラマンを目指して挫折した主人公・濱野が幼馴染の頼みで母校の写真部の顧問になる事に…という作品。所謂部活モノですが、文科系の部活で主人公が顧問、というのは案外珍しいかも。カメラに関して割と濃いネタがあったりしますが、メインはそれではなく主人公や部員達の青春模様になっているのでカメラや写真に興味が無くとも普通に読める作品になっています。家庭に問題がある女の子が年上の男に惹かれていく…という構図は「夕焼けロケットペンシル」に通じるものがあるかも。キャラクターがそれぞれ魅力的で爽やかな読後感の一品です。ちなみに1巻巻末のオマケ漫画で「高杉さん家のおべんとう」のヒロイン・久留里ちゃんが柳原先生の絵でゲスト出演しています。
濱野:星よりお前ら撮ってる方がよっぽど面白いよ!!


913.「不器用な匠ちゃん」 須河篤志 …酔っぱらった藍川さんにやられた度 97%
「つるた部長はいつも寝不足」の作者の二作目。歯科技工士の藍川さんは手先は器用だが人付き合いに関しては不器用な女性。そんな彼女にはあまり人に知られたくない武器フィギュア作りという趣味があった。そんな彼女があるキッカケで知り合った鉄道模型が趣味の好青年・渡井に誘われて同志の集い”アトム会”に入る事に…という、社会人ラブコメです。武器フィギュア、鉄道模型、店舗ジオラマ、デコスイーツと主人公達の趣味がそれぞれユニークで、アトム会みたいなのがあったら実際楽しいんだろうな、と思える心地良い趣味漫画パートと、藍川さんの不器用っぷりが光るラブコメパートが上手い事絡んでいる面白い作品です。知っている人は知っている武器マニア達の聖地「山海堂(鎌倉に実在します)」も登場します。「つるた部長」もそうですがこの作者の描く主人公、キャピキャピ女の子女の子したタイプが苦手な人にはツボにハマるんじゃないかと。藍川さんも実に魅力的に描かれていて、読み進めるうちに下と同じ台詞と同じ気持ちになる人も多いんじゃないかと。(照れた表情とか酔っ払い方とか/笑)
長谷プー:俺、藍川さんに惚れてるわ


912.「メタルマックス3 双銃身の魔女」 原案:宮岡寛 作画:山本貴嗣 …ゲームやった人向け度 80%
ゲーム「メタルマックス3」の世界観をベースにした外伝的物語で、上下ニ連のソウドオフショットガンを持つハンターのテッカと、彼女の妹ですばしっこさが身上のソルジャー・タマの活躍を描いた作品。「メタルマックス2」を思わせる復讐劇になっています。山本氏は「1」の時から「メタルマックス」シリーズに関わっていた人です。
ハビエル:今日でオレは引退するのさ


911.「以下略」 平野耕太 …ヒロイン以外全員ボケ、度 89%
とあるゲーム屋を舞台にした、ギャグ漫画。「ヘルシング」のギャグパートを延々とやってるような作品、と言えば分かり易いかと。小林源文氏作品をベースにしたカードゲーム「俺のケツをなめろ!」をやっていたり、と結構マニアックなネタが多めです。
ヤクザの舎弟:13巻で一体何があったんだよ!!ガッツあんなんなるし!!キャスカあうあうあーだし!!グリフィスあんなんなるし!!


910.「せなかぐらし」 カザマアヤミ …年齢の割に初心、度 90%
高校生の綿見巡と飴原菓奈はお互いに一人暮らしが初めて同士。そんな2人が暮らすことになったのはたった一枚の擦りガラスで仕切られた部屋だった、というユニークなシチュエーションのラブコメです。但し終始プラトニックでハプニングなエロス満載…と思って読むには不向きです。主役の2人が高校生、という割に奥手と言うか、やや子供っぽいきらいがあり、それをどう受け止められるかで評価が変わってきそうな作品です。
飴原:寂しくさせる人なんか大きらい!!


909.「屋上姫」 TOBI …最後まで好きになれないヒロイン度 83%
理事長の娘で容姿端麗、成績優秀な生徒会長・霞上澄花は「屋上姫」と呼ばれ、教師からも一目置かれる存在。そんな彼女とひょんな事から平平凡凡な主人公が付き合う事に…という恋愛モノ漫画。ヒロインには実は想い人がいてその事にコンプレックスがあり、主人公の幼馴染は主人公が好きだが主人公の方はそれに全く気が付いておらず、主人公の親友がその幼馴染が好きで、その事に苛立ちを感じている…という割とドロッとした中身になっています。設定で割食っているせいで幼馴染よりもメインヒロインに魅力を感じられないのと、オチが予想出来てしまうスジなのが難点かも。
結子:やめてよ!付き合うのに「ふさわしい」とかそんなのないよ


908.「バカが全裸でやってくる」 作:入間人間 画:井田ヒロト …ラノベ原作の割にやってる事は懐かしめ 70%
コレもライトノベルのコミカライズ。中身は小説家志望の大学生である主人公の元に全裸の男が押しかけ、小説家への道を一歩一歩上っていく…という「バクマン」の小説家バージョン的な作品。タイトルからするとコメディ要素強めな作品に思われがちですが、中身は割と王道な青春モノといった感じになってます。ジャンルは違いますが、「日々ロック」とかにも近いかも。
バカ:いいか、よく聞けよ―お前、なれると思うぜ、小説家


907.「赫焉のヒナギク」 砂原真琴 …打ち切らないで欲しかった度 88%
大好きな祖母に小さい時から薙刀を習っていたが、その薙刀は道場の試合では役に立たず、一人庭先で薙刀の練習をしている女子高生・いつきの元に、突然「初雪」と名乗る謎の狐女が現れ、彼女は伝説の退魔の薙刀「散華の緋薙」の継承者だと言われ…という、伝奇系アクション漫画。物語の作り方が丁寧で期待していたのですが、残念ながら「オレ達の戦いはこれからだ」な結末に。いつきと初雪の友情とか、初雪とその銀雲の対立、緋薙の真の継承者・真之介、と面白くなりそうなネタが多かったのに惜しい作品です。
いつき:あんたを絶対に守るから、私のことまだ頼ってくれるかな?


906.「カオス・ウィザードと悪魔のしもべ」 山本アリフレッド …名前と中身のギャップ度 78%
タイトルだけだと本格派ファンタジーっぽく、単行本表紙だけだと美少女とグラマーな悪魔がキャッキャウフフ…な作品に見えますが、中身は見事に予想を裏切るシロモノ。魔法学園の落ちこぼれである神無は、魔法を使うとフンドシのオッサンとかハゲのマッチョ、その他色々な変なモノが出てしまう。そんな彼女の使い魔となったのは強大な力を持つ悪魔ながらドエロで変態のエル…という百合と友情とセクハラのギャグ漫画になっています。ノリは「浪漫三重奏」とかに近いかと。
神無:私のお姉さんになって下さい


905.「さばげぶっ!」 松本ひで吉 …このネタで少女漫画誌でいいのか?度 100%
転校生の園川モモカが電車で痴漢にあっていた所を助けてくれた先輩・鳳美煌の罠にハマってサバゲ部に入る羽目に…という、「霊媒先生」の作者が送るサバイバルゲームを題材にしたギャグ漫画。何と連載しているのは少女漫画誌の「なかよし」です。女子高生がサバゲ―…と「ステラ女学院」に近い設定ですが、コチラはギャグ漫画。ただミョーに濃いエアガンの知識とかが垣間見える作品で、つくづく何で少女漫画誌に?という作品に。自治体の条例とかには配慮した作りになってます。元々少年誌で連載している作者ですし、絵柄も少女漫画ナイズされてはいないので男の読者でも安心…むしろ女の子はこのネタ、ついてこれるのか?(笑)
美煌:単位不足で高校留年!とっくに十八歳だからな!!


904.「特例措置団体ステラ女学院高等科C3部」 作:いこま 画:みどりとももか …条例とかに配慮はした方が…度 95%
高校に入学したての主人公・大和ゆらが寮で同室になった先輩・鹿島そのらの誘いでサバイバルゲームをする部「C3部」に入る事に…という、女子高生サバゲ―漫画。といっても然程本格的にサバゲ―に取り組む…というより、むしろありがちな日常系漫画的なイメージの方が強いかも。アニメ化するらしいですが、「クローズアップ」で先んじて書きましたが内容云々以前…リアルでは安全上あまり芳しいとは言えない露出度の高いブルマやスクール水着でサバイバルゲームをやったり、自治体の条例等に無頓着過ぎたり…と色々不安な作品です。
そのら:負けるとしても戦って戦ってそして笑って倒れろ。サバゲ―はゲームだ。負けることは怖くない


903.「お慕い申し上げます」 朔ユキ蔵 …寺社昼メロ度 97%
祥願寺の跡継ぎである佐伯清玄は僧として妻帯しないと決めていたが、ひょんな事からかつて憧れていた元マラソン選手・清沢節子とお見合いをする事に。彼女に惹かれつつも清玄はこの縁談を断るが、節子は住職に自身の悩みを相談し弟子候補として寺で暮らすことに。そんな折、清玄の同僚である木清徹が1年半ぶりに帰ってきて…という、世にも珍しい「お寺系ラブストーリー」です。各キャラクターの執着、嫉妬、色欲、といった所謂「煩悩」に抗えず悩む様が見どころの一つになっています。また、寺と檀家の関係や寺も含む仏教の実情、といったものも描かれており、興味深い作品になっています。
清玄:清沢節子さん あなたのせいです!!


902.「ロケットスターター」 深山和香 …女装男子と男装女子度 84%
とある南の島にある研究所の博士・千春の娘・タケルはある日島の森で不思議な力を持つマリンとテスラという兄弟と出会う。彼等は島民から「魔女」と恐れられているが、そんな彼等と仲良くなったタケルは自分の母が研究する謎の物体「アンダーバー」や、「ユーティリティー」と呼ばれるマリンとテスラに深く関わっていくことに…というボーイ・ミーツ・ガールモノなのですが、タケルが男の子になりたがっている女の子に対し、マリンが女装少年、という変な作品。ただ物語自体は面白く、絵も読み易いです。
タケル:私を男の子にしてください!


901.「アバンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン」 作:モーリス・ルブラン 画:森田崇 …三世ではない、度 82%
日本ではルパンと聞くと「三世」の方が有名な気がしますが、コチラは元祖、モーリス・ルブランの小説を原作とした作品。変装の名人にして金持ちや貴族のみを狙う義賊でもあり、犯罪者ながら民衆に絶大な人気を持つ若き怪盗紳士・アルセーヌ・ルパンの活躍を描く作品。お遊び好きで茶目っけがあり、意外な所で人間臭さを見せる主人公が魅力的です。原作シリーズにもありますが、シャーロック・ホームズを元にしたキャラクターも登場します。
ルパン:フフ…ガニマールさん…まっとうな人間として生きられないってのも辛いもんだねえ…


戻る